「モンゴル、羊肉」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、羊肉」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、羊肉に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、羊肉の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

旬の羊肉のシシカバブを味わう

[2016/01/27] 原口純子

モンゴル族の支配王朝であった元代(1271〜1368)には、その都「大都」となっていた北京は、地理的にも北方の草原に近く、羊肉を好んで食べる習慣があります。羊は、夏のあいだたっぷりと草原の草を食べて太るので、肉が美味しくなるのは秋から冬にかけて。また羊肉は体を温める作用があるので、秋冬にふさわしい食べ物とされています。羊肉を好む人が多い北京では、羊肉も新鮮なものが使われるので、日本とはまた違ったおいしさ。「羊肉のしゃぶしゃぶ」など様々な料理がありますが、ちょっと試してみたい人、一人旅でも味わうこ… 続きを読む



ソウルの中央アジア村でウズベキスタン料理を食べ尽くす

[2012/12/19] 金光英実

東大門市場のすぐ隣に、中央アジア村という外国人街があります。モンゴルやロシアのほか、キルギスやカザフスタンなど中央アジアの人を相手にした食堂やカフェが密集している町です。メード・イン・コリアの衣類を、東大門に買い付けに来た業者のためにつくられたので、安くておいしい店がたくさん。細い路地を歩いていると、大きなキリル文字の看板や、あちこちで聞こえてくる不思議な言語が異国情緒たっぷりです。今回はその中でも私の大好きなウズベキスタン料理店「サマルカンド」を紹介します。 続きを読む



いい日旅立ち 国内鉄道寝台列車でのんびり行こう

[2009/08/25] 山本ちかだるま

初めてモンゴルを訪れたのは、ちょうどモンゴル国初の多党制による国会議員の総選挙の投票日、1990年7月29日正午のことでした。随分昔のことなのに、どうして鮮明に覚えているか、というと、北京からの「特急」で31時間かけてウランバートル駅に到着したからです。20年近く前から現在に至るまで、「モンゴル時間」といわれるほど、何もかもがルーズなこの国で比較的規則正しく運行している交通機関「モンゴル鉄道」。モンゴルらしいのんびり一人旅を楽しめるお勧めの鉄道の旅をご紹介しましょう。 続きを読む



年中無休24時間営業のヘルシーファーストフード店「コーラとケバブ」がオープン!

[2009/02/17] 山本ちかだるま

21世紀になって、モンゴル国の首都ウランバートル市には、24時間営業の飲食店が激増しました。フランチャイズのモンゴル料理のファーストフードチェーン店がいくつも登場し、街は飽和状態。味は似ているし、家でも作れるし、でも安い!とタクシードライバーや学生たちには人気です。一方、ヘルシー志向でおしゃれで手軽な食事を好む若者も増えてきました。銀行や中央省庁の役人など少し生活に余裕のある人たちです。そんなプチグルメな人たちをターゲットにオフィス街中心に24時間営業のトルコ料理店が去年登場しました。 続きを読む



冬のモンゴル、骨まで愛して!羊がおいしい季節です

[2008/12/10] 山本ちかだるま

モンゴルがかちんこちんと氷の大地になる冬の始まりは、遊牧民たちが忙しくなる「家畜を屠る」季節です。夏から秋にかけて太陽で栄養価が最高潮になった牧草をたっぷり食べて、脂肪も肉もみっしりと充実させた羊たち。長く厳しいモンゴルの冬を耐え抜くのは、家畜にとっても遊牧民にとっても至難の業なので、群を最大限活用するために、何頭かが「食糧」となる運命です。羊をあますことなく利用できるのは、大地が天然の冷凍庫となり、春まで新鮮な状態で肉を保存できるから。厳しい寒ささえも、モンゴル人にとっては自然の恵みなのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、羊肉」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。