「モンゴル、衣装」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、衣装」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、衣装に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、衣装の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

温かい住民に守られている世界遺産 ホッローケー村

[2011/03/17] ケイ

山間の小さな谷に広がる赤い屋根の集落。一見するとヨーロッパのどこにでもあるような村である。ここはブダペストから車で北東へおよそ90キロのホッローケー村。途中の丘から眺めるホッローケーは長閑でおだやかな様子を見せていた。1987年、この村が世界遺産に登録された。古い民家が建ち並ぶ集落で、独特の建築様式が世界遺産の対象となった。ブダペストの歴史地区と並んでハンガリーで初めての世界遺産に登録されたのである。近代化から取り残されて埋もれていた村が、一躍有名になり、観光客は世界中からやってくるようになった… 続きを読む



レンガと泥で造られたトンガリ屋根のある村・ハラン

[2010/10/23] 洋子・オーレテン

大昔から高度な文明が栄えてきたトルコの地。トルコを周れば、いたるところで古代の遺跡や発掘現場に出会います。今回、紹介します場所も、歴史好きにはたまらないもの。何せ、旧約聖書にも登場するという程に古い歴史を持つ町です。アブラハムがパレスティナのカナンの地へ移動する途中で立ち寄った町、とも言われています。紀元前2000年頃には、町としての活動がなされていたといいますから、いやはや驚きです。そのその町の名は、『ハラン(Harran)』。南東部の中心的都市・ウルファ(シャンルウルファ)」から程近い場所に… 続きを読む



美の女神、ここに集結! モンゴルスーパーモデルショー!!

[2009/09/08] 山本ちかだるま

「トルゴ」というのは、モンゴル語で「高級絹布」という意味です。2000年に颯爽と登場した「トルゴ」のファッションショー は、モンゴル民族の民族衣装の概念をガラリとかえるエキサイティングなものでした。地域色豊かな部族ごとの特徴を備えた伝統的な衣装を現代に甦らせつつ、既成概念を突き崩す、セクシーでゴージャスな新感覚の民族衣装を次々と発表。以来、トルゴブランドのファッションショーは、モンゴル国内外のイベントで引っ張りだこ。若いモンゴル人女性のあこがれの的で、オーダーメイドの注文が殺到中です。 続きを読む



首都からわずか90分ほど!大人気の日帰り観光スポット「13世紀村」

[2009/05/19] 山本ちかだるま

ウランバートルから東に約96km。トゥブ県エルデネソムの中心で舗装道路をそれて、荒野を車で行くこと20分ほどで、ぽつんと甲冑に身を固めた騎馬兵が見えてきました。国内外の旅行客に大人気の「13世紀村」を守る番兵さんです。2006年6月にオープンし、88ヘクタールの広大な土地と変化に富んだ地形を活かしたモンゴル国初のテーマパークです。5年間計画で13テーマの集落が建設される予定で、現在は6つの集落が稼動中。去年よりも施設も拡張されていて、何度来ても面白さ満点の太鼓判が押せる私のお気に入りスポットです… 続きを読む



モンゴル伝統芸能ショー「トゥメンエヘ」は見逃せない!

[2008/09/22] 山本ちかだるま

モンゴル随一の遊園地の一画に「トゥメンエヘ」劇場はあります。社会主義時代から国内外で活躍するトップアーティスト集団「トゥメンエヘ」は年中無休で18時から約1時間の伝統歌舞芸能のオムニバスショーを公演している老舗の人気歌舞団。常に定刻18時ピッタリに幕開けする律儀な楽団に、社会主義時代から受け継がれた誇りと伝統を感じます。年中無休で毎日1時間の公演なんて、マンネリ化して退屈そう? とんでもない!シーズンごとに演目も出演者も変わり、定番でありながら、進化し続けるショーなのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、衣装」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。