「ユトレヒト、行き方」に関連する現地ガイド記事

「ユトレヒト、行き方」に関連する現地ガイド記事

ユトレヒト、行き方に関する現地ガイド記事を集めました。ユトレヒト、行き方の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミッフィーの作者が愛したカフェ。オーロフ

[2017/05/04] ミツフィ

ミッフィーの作者ディック・ブルーナさんが2017年2月16日、故郷のユトレヒトで亡くなりました。享年89歳でした。このニュースは日本でも大きく取り上げられたと思います。ユトレヒトでは多くの人が、街が生んだ偉大なアーティストの逝去を悼み、街の北のミッフィー像には献花が捧げられました。 続きを読む



ユトレヒトで人気のベトナム・ストリートフード、キムメイド

[2017/03/15] ミツフィ

ユトレヒト旧市街の中心部に位置する、こじんまりとしたベトナム料理店「キムメイド (Kimmade)」。オーナーはホテルの厨房で10年間働いた実績があり、味は保証付きです。しかし彼によると「ベトナムでは本当に美味しい料理はストリーフードにあり、美味しい屋台では行列ができる」とのこと。「本格的なベトナムの味とストリートフードの気さくさをオランダで」というコンセプトの元、ユトレヒトにお店をオープンしました。ヘルシーで手軽、尚且つ美味しいキムメイドの料理は地元ユトレヒトで大好評。雑誌やローカルニュースに… 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



抽象絵画の巨匠の生家。モンドリアンハウス

[2016/06/21] ミツフィ

ユトレヒト州第二の都市、アメルスフォールト。中世は城塞都市であった旧市街には至る所に歴史的な建造物が残り、ユトレヒトと同様に散策に適した見所の多い街です。この街が生み出した世界的に有名な画家がピート・モンドリアンです。三原色と白黒だけで構成されたコンポジションは誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。美術史上においてモンドリアンはカンディンスキーと並ぶ抽象絵画の先駆者で、オランダを代表する世界的芸術家のトップ3は「レンブラント、ゴッホ、モンドリアン」とまで言われています。またモンドリアンは後世の… 続きを読む



国家遺産建築でタパス食べ放題!タパス・ケルダー

[2016/02/16] ミツフィ

オランダ第4の都市ユトレヒトは古くはローマ時代、そして中世は司教区だったことでも有名な風情ある古都です。中心街を流れる旧運河、そして運河沿いに連なるカフェやレストランも、ユトレヒトを代表する光景として知られています。運河沿いのレストランやショップは、水運が盛んな時代はセラーとして使用されていた空間を改装したものです。今回紹介するタパス・ケルダーも、そんな運河沿いのレストランのうちの一つです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ユトレヒト、行き方」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。