「ヨーロッパ、建築、レリーフ」に関連する現地ガイド記事

「ヨーロッパ、建築、レリーフ」に関連する現地ガイド記事

ヨーロッパ、建築、レリーフに関する現地ガイド記事を集めました。ヨーロッパ、建築、レリーフの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダ黄金の世紀を物語る宮殿、アムステルダムの王宮

[2015/11/12] ミツフィ

アムステルダムの旧市街の中心部にあるダム広場(Dam)。アムステルダムを旅行する殆どの方が立ち寄る機会があり、アムステルダムを代表する広場と言えましょう。ダム広場の西方に位置する威風堂々とした「王宮(Koninklijk Paleis)」は、絵葉書にもよく登場する有名な建物です。王宮と聞くと、オランダ王室の住居だと思う方も多いと思います。アムステルダムの王宮はオランダ王室所有の建造物ですが、住居としてではなく王室行事に使用されています。そして元来、王宮はアムステルダムの市庁舎として建てられたので… 続きを読む



オスマン帝国時代後期に金融街として栄えた、バンカラル通りを散策

[2013/04/05] 洋子・オーレテン

イスタンブール新市街のガラタ塔の下、金角湾沿いに位置するカラキョイ(Karakoy)。旧市街側からだと、ガラタ橋を渡ったところが、そのカラキョイです。今は、電気や機械部品、水道工具などの小さなお店や問屋が多く集まるエリアなんですが、オスマン帝国時代には、ユダヤ人やアルメニア人、ギリシャ人などの外国人商人が多く住むエキゾチックでモダンな地区だったようです。もっと遡ってビザンチン帝国時代には、ジェノヴァ人の住むエリアでした。その華やかだったころの名残が今もビシビシと感じることが出来ますので、ちょっと… 続きを読む



ジャングルのなかの小さなアルプス。自然いっぱいのオクサパンパへ!

[2012/09/23] 原田慶子

ペルーを南北に貫くアンデス山脈と、その東側に広がる熱帯雨林アマゾン。両者の地形的・気候的境界をまたぐ標高およそ800〜3500mのエリアを、ペルーでは「Selva alta(セルバ・アルタ/高地アマゾン)」という。降水量が多く、豊かな森に覆われた山々。多様な生態系が育まれ、国立公園や自然保護区がいくつも存在する。そんな自然豊かなセルバ・アルタを代表する都市の一つが「Oxapampa(オクサパンパ)」だ。オーストリア人やドイツ人が入植した地域だけに、その街並はとてもエキゾチック。気候も穏やかで緑あ… 続きを読む



クーポラとどっちを選ぶ?ジョットの鐘楼でフィレンツェの町を一望しよう!

[2012/04/14] 堂剛

かつてイタリアの首都にもなった花の都フィレンツェ。フィレンツェの魅力はやはり、ルネッサンスの華やかな芸術と美しい街並みでしょう。中世からルネサンス期にかけてヨーロッパの商業・金融の重要な拠点となった町には、美術、建築の傑作が数多く残されています。フィレンツェに来たらぜひ美しい町を上から眺めて欲しいです。サンニコロ地区の高台にあるミケランジェロ広場からはアルノ川やベッキオ橋を含む遠景が望め、映画の舞台にもなったロマンチックなクーポラとジョットの鐘楼からは赤い屋根瓦の情緒ある街並みが一望できます。 続きを読む



イタリアで芸術三昧、モザイクの宝庫ラヴェンナに行こう!

[2012/01/08] 堂剛

古代ローマ時代の栄華が残るラヴェンナは、5世紀から6世紀頃のビザンチン文化とすばらしいモザイク芸術で有名です。ヨーロッパやアメリカ人、そしてイタリア人までもが「美しい芸術の町」と賞賛するラヴェンナは、小さいながら歴史と文化が凝縮していて観光に最適です。1996年には「初期キリスト教建築群」がユネスコ世界遺産にも登録され、さらにその人気に拍車がかかりました。日本人にとっても、これから益々人気スポットとなるでしょう。ヴェネツィアからも近いので、南下の途中に立ち寄るのも良いと思います。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ヨーロッパ、建築、レリーフ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。