「ライフセーバー」に関連する現地ガイド記事

「ライフセーバー」に関連する現地ガイド記事

ライフセーバーに関する現地ガイド記事を集めました。ライフセーバーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

港のプールで涼む夏のコペンハーゲン! 無料の4スポットをご案内☆

[2017/08/16] MizukiPoulsen

コペンハーゲン初のハウネベーデは、イスランズ・ブリュッゲ地区にあるこちら。600人収容可能の一番大きな施設です。水質はスウェーデンとデンマークの間にある海と同じくらいきれいだそうです。子供用2つ、50mプール2つ、飛び込みようプール1つの計5つ。◆Havnebadet Islands Brygge(ハウネベーデ・イスランズ・ブリュッゲ)住所: Islands Brygge 14, 2300 Koebenhavn S開場期間:2017年6月1日〜9月30日開場時間:24時間オープン ※ライフセーバ… 続きを読む



オーストラリアの夏の美しき風物詩、ライフセーバーの守る海「ボンダイビーチ」

[2007/11/27] 林カオリ

ライフセーバーは基本的にボランティアの有志軍団。平日は普通にオフィスで働いている人がほとんどです。そして、週末になるとその鍛えられた肉体でボンダイの海を守るのです。オーストラリア国内に10万人を超えるライフセーバーたちの原点だけに、ボンダイのライフセーバーは見た目だけでなくレスキューの腕もピカイチ。数多くの大会で多くの賞を獲得しています。また、ボンダイにはこのボランティアのライフセーバーのほかに、プロのライフガードたちも。ライフガードは週末だけでなく、平日もビーチで安全に目を光らせています。厳し… 続きを読む



最強の観光バス「シドニー・エクスプローラー」で、街の見所をまとめて制覇!

[2007/09/13] 林カオリ

「シドニー・エクスプローラー」のチケットを購入した人は、サーフィン有名なボンダイビーチと市内を結ぶ「ボンダイ・エクスプローラー」にも自由に乗車できる。「ボンダイ・エクスプローラー」は市内のサーキュラーキーからラッシュカッターズベイ、ワトソンズベイなど、シドニーの海沿いの街をぐるりと周遊。美しいビーチと港に囲まれた海の街・シドニーを存分に味わえるコースだ。見所はやはりボンダイ・ビーチ。ライフセーバー発祥の地として知られるサーフィンのメッカは、季節を問わず多くの人がビーチをにぎわせている。白い砂浜と… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ライフセーバー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。