「ラインダンス」に関連する現地ガイド記事

「ラインダンス」に関連する現地ガイド記事

ラインダンスに関する現地ガイド記事を集めました。ラインダンスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

宝塚ファンにもお勧め、ベルリンのフリードリヒシュタットパラスト

[2016/02/20] 沖島博美

フリードリヒシュタットパラストの主役はもちろんダンサーたちだ。専属のダンサーは男女60人で全員クラシックバレエ出身者たち。踊りはモダンダンス、フラメンコ、ヒップホップなど様々なジャンルの群舞が多い。彼らによって繰り広げられる舞台に皆が酔いしれる。男性ダンサーの機敏な動きは切れが良い。合間のゲスト出演による曲芸は観客を沸かす。歌と踊りと曲芸が交互に入れ混ざり、どの観客をも退屈させない工夫がなされている。フィナーレが近づくと、女性ダンサーたちによるラインダンスが始まる。170cm以上の長身女性たちが… 続きを読む



南東アナトリア、シャンルウルファの夜

[2015/07/25] オキシマ・ヒロミ

さて、チー・キュフテを食べ終わると客の数人が楽団の前で踊り始めた。するとあちらこちらから我も我も、と客たちが踊りに加わる。ここぞとばかりにドラムの人が歩み出てリズムを取る。タターンタタッタ、タターンタタッタという民族的リズムの繰り返し。これだけで客たちは乗りに乗る。男女が一列になって手をつなぎ、リズムに合わせて体を揺する。これで足をあげたらラインダンスだ。決まった踊りの振りがあるわけでなく、ただ陽気に体を揺すっているように見える。張り切っていたドラムが疲れたのか、楽団が演奏を止める。すると皆、一… 続きを読む



チケット発売開始。毎年恒例のショー「ラジオシティ・クリスマス・スペクタキュラー」

[2009/09/08] ゆずれもん

ニューヨークは夏も終わり、秋から冬はシックなショーや華やかなイベントが目白押しです。つい先日、ニューヨークのクリスマスショーには欠かせない「ラジオシティ・クリスマス・スペクタキュラー」のチケットが発売開始 されました。ダンサー「ロケッツ」による息のピッタリあったラインダンスは見ものです!実はラインダンスは「ロケッツ」が元祖だとか。始まりから終わりまでテンポ良く展開するパフォーマンスは、ある意味、古典的な喜劇とも呼べるかもしれません。言葉が異なる世界各国の老若男女、誰もが楽しめる内容です。もちろん… 続きを読む



年末・年始のNY―スペシャルイベント、あなたならどれを選ぶ?

[2007/11/26] ゆずれもん

NYは年末・年始にかけてイベントが多彩! ホリデーシーズンの風物詩の一つに、ラジオシティ・ミュージックホールで毎年恒例の「クリスマス・スペクタキュラー」があります。ここは各国の名立たるアーティストのコンサートや、グラミー賞やトニー賞などの授賞式が行われる歴史あるホールです。「クリスマス・スペクタキュラー」は今年で75周年。女性ダンサー「ロケッツ」によるラインダンスをはじめ、おもちゃの兵隊、くるみ割り人形などクリスマスストーリーを、歌とダンスでダイナミックに見せてくれます。 《12月30日まで》 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ラインダンス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。