「ラクダ」に関連する現地ガイド記事

「ラクダ」に関連する現地ガイド記事

ラクダに関する現地ガイド記事を集めました。ラクダの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

17角の石やインティワタナもある!インカの隠れた名跡プマコチャ遺跡

[2019/05/31] 原田慶子

プマコチャ遺跡には聖なる処女たちの館とされる「ACLLAWASI(アクリャワシ)」や、壁にラクダ科動物が彫刻された石壁なども残っている。大きな建物はすべて破壊されてしまったため全体像を把握しづらいのが残念だが、部分的に残された建物の欠片を見るだけでも、その規模や重要性は手に取るようにわかるだろう。プマコチャ遺跡へは、アヤクチョ市内発の日帰りツアーに参加するのが便利だ。同ツアーには前述の「ビルカスワマン」と、「100年に一度だけ花を咲かせる」と言われるパイナップル科の巨大植物プーヤ・ライモンディが… 続きを読む


危険過ぎる奇祭・タウンジーの熱気球祭りの安全な楽しみ方

[2018/10/12] 板坂真季

実は、この祭りには昼の部もある。夜と異なり灯明や花火は用いず、動物をかたどったカラフルな気球を打ち上げる。ラクダやパンダ、馬や象といったかわいい気球が空を彩り、こちらもなかなかフォトジェニック。しかし気は抜かないように。たまに、熱風を送り込むバーナーや松明の火が燃え移り、観客めがけて落ちてくる気球があるからだ。屋台にはプロパンガスボンベを設置している店もあるのでかなり危険だ。なお、昼の部と夜の部の間には2、3時間の休憩がある。周辺は渋滞するので暇潰しの本やゲームを持参し、会場で夜の部を待つのが得… 続きを読む



クリスマスイルミネーションで知られる 眺望も抜群の洞窟庭園「グロット」

[2018/10/06] Rika Higashi

またグロットは、ポートランドで1、2を争うクリスマスイルミネーションの美しいスポットとしても知られています。感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日から12月30日頃まで「クリスマスの光の祭典(Christmas Festival of Lights)」が開催され、敷地内のプラザレベルが50万個以上の電球でライトアップされます。また、世界最大のクリスマスキャロルの祭典でもあり、期間内には、170以上の合唱コンサートが開催されます。他にも、ラクダや羊にさわれたり、温かいココアなどの屋台が出たりして、子供… 続きを読む



迷宮都市フェズで迷って発見

[2018/06/24] りんみゆき

モロッコ北部に位置する観光都市フェズ。日本からの直行便はないので、ドバイなどの中近東経由からヨーロッパの都市経由でカサブランカやマラケッシュ入りした後、バスや電車でフェズに辿り着くことができます。スペインからフェリーでタンジェ入りし、バスで行く方法も。フェズのメディナとよばれる旧市街は世界遺産にも登録される狭い路地が入り組んでいる迷宮。ここでは思う存分、迷ってみるとおもしろい発見ができます。Cafe Clock(http://fez.cafeclock.com/)は入り口がわかりにくい地元の人が… 続きを読む



世界一が多いドバイ!で世界一体験と砂漠ツアー

[2017/09/26] りんみゆき

スリルを味わった後は砂漠の中に設置された小さな村へ。アラビアンスナックで一休みし、お好みでラクダに乗ったり、ヘナをしたり、サンドボートをしたり。サンドボードは自分で村外の砂漠の好きな場所に行って思う存分できるので、キッズは大喜び。自分のネーム入りの砂絵を作ってもらうこともできます。ビュッフェディナーを食べながら民族踊りとベリーダンスのショーを観賞。すっかりアラビアンナイトの世界に魅了させられてしまう砂漠でのひととき。キッズにとっても忘れられない体験になること間違いなし。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ラクダ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。