「ラマダン」に関連する現地ガイド記事

「ラマダン」に関連する現地ガイド記事

ラマダンに関する現地ガイド記事を集めました。ラマダンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

所在地:Moskeeplein 88, 3531 Utrecht電話:030 711 384 8営業時間:午前8時〜深夜一時、土曜〜深夜2時、日曜〜深夜0時。年中無休。トルコ式朝食ビュッフェ:月〜金、午前9時〜午後1時。土日、午前9時から午後2時。但しラマダン期はビュッフェはお休み。行き方:ユトレヒト駅から徒歩5分 続きを読む



建国50周年、2015年は通年お祭りモードのシンガポール

[2015/02/23] 葛西玲子

今年のチャイニーズニューイヤーは2月19日、中秋節は9月、ムスリムの断食節ラマダン明けのハリラヤは10月5日、インドのヒンズー正月ディパバリ―は10月22日予定となっています。それぞれの祝日前後は、チャイナタウン、カンポンバルー付近、リトルインディア各エリアが民族色豊かにライトアップされ、露店が立ち並んでとてもにぎやかになります。周辺の寺院をのぞいたり、屋台で立ち食いをしたり、色彩にあふれた街並みを見て歩くだけでも楽しいです。 続きを読む



ラマダンの夜に輝くランプ「ファヌース」が、鈴なりに飾られたお店が圧巻!

[2011/06/22] すまーふはなこ

イスラム教徒の義務のひとつの断食を、行う期間である「ラマダン」をご存じでしょうか?太陰暦が使われているため、毎年その時期は変わるのですが、今年は7月31日から約1ヶ月の予定になっています。断食は日の出から日の入りまでの間行われるため、日が暮れると人々は食事を始め、夜遅くまで家族や友人とおしゃべりをしたりして過ごします。このラマダンの間、「ファヌース」と呼ばれるランプがお店や家の軒先に飾られて、夜を明るく照らします。これは他のアラブ諸国にない独自の習慣で、10世紀のファーティマ朝時代に始まったと言… 続きを読む



シンガポールならでは!今年もカラフルでにぎやかなお祭り続きの季節が到来。

[2010/09/01] 葛西玲子

今年もまた、多民族国家シンガポールらしいカラフルな行事が続く季節がはじまりました。華人の旧暦、イスラム教、ヒンズー教とそれぞれの暦で毎年それぞれの祝祭日が異なるので、そのどの文化圏にも属さない私などは、同僚や友人を通じてやっと毎年の祝日を確認する始末ですが、今年はイスラム教の断食節・ラマダンが8月11日にはじまり、9月10日には先頭を切ってお正月・ハリラヤを迎えます。常夏のシンガポールでも秋らしさを感じられる華人の暦の中秋節は9月22日、そして、ヒンズーの暦で最も大切なお祭り、ディパバリ(新年)… 続きを読む



お土産に人気のデーツ、古代エジプトから食べられている美味しくて栄養満点のドライ・フルーツ

[2010/07/03] すまーふはなこ

デーツはお腹に優しい食べ物として、エジプトでは特にラマダン時、断食あとにお腹がびっくりしないようにごちそうの前に食べられています。ラマダン時になると山盛りのデーツが店頭に飾られ、普段より大量のデーツが消費されます。また、チョコレート・ショップには、ドライ・デーツの入ったチョコが置かれているお店も多いです。そもそもが甘い上に甘いチョコをコーティングされているので、甘さのダブルでとっても甘いのですが、その甘さが絶妙です。お勧めは、高級チョコレート店の「パッション」の、ナッツの入ったものが美味しいです… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ラマダン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。