「ラマダン、菓子」に関連する現地ガイド記事

「ラマダン、菓子」に関連する現地ガイド記事

ラマダン、菓子に関する現地ガイド記事を集めました。ラマダン、菓子の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お土産に人気のデーツ、古代エジプトから食べられている美味しくて栄養満点のドライ・フルーツ

[2010/07/03] すまーふはなこ

「デーツ」とは、なつめやしの実のことで、中東ではよく食べられています。中でもエジプトは生産国のトップで、日常的な食べもののひとつです。過酷な環境でも育つので、特に砂漠の民たちの重要な栄養源かつ生産品となっています。熱い太陽を浴びたデーツは、熟し加減によって味が違います。未熟なものはサクサクとした食感で軽い甘さですが、半乾燥したもの、完全乾燥したものなどは見た目はプルーンのようで、味は干し柿のようなねっとりとした甘さが強いです。旬には道端に色々な種類のデーツが売られているのが見られます。お土産とし… 続きを読む



ラマダン中にしか見られない!スペシャルな甘いお菓子、アタイエフと、ドライあんずのアマルッディーン

[2009/09/11] すまーふはなこ

今年のラマダンは、8月22日から始まっており、9月21日あたりまでの予定です。イスラム教の大事な行事であるラマダン中は、日の出ている間、食べ物を口にすることを禁じられています。そして日没後、イフタールと呼ばれる盛大な食事を家族と一緒に食べます。いきなりごちそうを、すきっ腹に入れると、胃腸に負担がかかるので、まずは、デーツ(なつめやし)などのドライフルーツやナッツ、またはアマルッディーンというあんずのジュースや、タマルヒンディやカンゾウ、イナゴ豆のジュースを飲みます。この中でも、アマルッディーンの… 続きを読む



キッチュな観光スポットが満載な町、ヘルワーン

[2009/07/02] すまーふはなこ

マダムタッソーの博物館のエジプトバージョンと言ったら、かなり言いすぎですが、古代エジプトの歴史から現代の生活までの様子がロウ人形で展示されています。古代エジプトのアクエンアテン、クレオパトラから始まり、モーゼ、聖母マリアのエジプト逃亡、イスラム教布教における重要人物のウマル・イブン=ハッターブ、十字軍で有名なイギリスのリチャード1世、フランス国王ルイ9世がエジプトで1カ月捕虜になった様子など、歴史に伴うシーンがピンポイントで網羅されています。さらに、ラマダン、結婚式、家の中で一家団欒、町や農村の… 続きを読む



カラフルなランプや飾りで彩られる、エジプトのラマダン

[2008/09/22] すまーふはなこ

ラマダンというのは、イスラム暦の第9番目の月の名前です。その間、イスラム教徒は、日の出から日の入りまで、断食を行います。イスラム暦は太陰暦なので毎年ラマダンの時期が変わりますが、2008年は9月1日から30日までとなっています。日中のつらい断食を終えた日没後は、人々は喜びに満ちあふれて、うってかわって熱気のある夜となります。親類や友達が集まって、賑やかに豪勢な食事をとる人が多いです。食事を終えると、人々は夜を楽しく過ごします。その夜が、より楽しくなるように、家の軒先に飾られた「ファヌース」という… 続きを読む



マレーシアの台所、ラマダンマーケットでローカル気分に浸ってみよう!

[2007/09/13] 松浦紀子

多民族国家のマレーシア。そのうちの6割を占めるのがイスラム教であるマレー人。今年は、9月13日〜10月13日の期間が、イスラム教徒にとって大切な「ラマダン」(断食月)となります。断食の月と言っても、1ヶ月間ずっと飲まず食わずというわけではなく、日の出から日の入りまでの間、断食をします。このラマダン中の楽しみは「ラマダンマーケット」。夕方前から、あちらこちらに、さまざまな露天が並び、街は大賑わい。ローカルの人達が家族、友人と豪華な夕食をとるべく、食料を買いにマーケットへ繰り出します。このラマダン期… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ラマダン、菓子」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。