「ラワシュ」に関連する現地ガイド記事

「ラワシュ」に関連する現地ガイド記事

ラワシュに関する現地ガイド記事を集めました。ラワシュの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

東部エルズルム名物のジャー・ケバブをイスタンブールで食べられるお店

[2011/12/28] 洋子・オーレテン

席に着き、待つことしばし。串に刺されたジャーケバブが出てきます。一緒に出てくる「ラワシュ」という薄い生地(小麦粉で出来たナンの薄いようなもの)を適当な大きさにちぎり、そこへお肉を乗せ、唐辛子や玉ねぎなどと一緒にくるくる巻いて食べます。遊牧民の末裔の人達の食べ物ですから、お上品にナイフとフォークではなく、豪快にワシワシといってみましょう。ジューシーなお肉の旨味にピリッとした唐辛子が、何ともうまい具合にマッチ。ぱくぱくいっちゃう、味わい深い美味しさです。羊肉ってこんなに美味しかったんだ〜、と感動です… 続きを読む



生肉の団子?南東部地方の辛〜い肉団子・チーキョフテ

[2008/01/24] 洋子・オーレテン

主にケバブ専門店で前菜の一つとして、よく出されているものなんですけれど、どこのケバブ屋さんでも出しているというわけではなく、南東部地方のケバブ料理を専門に出しているお店でお目にかかることが出来ます。また、イスタンブールの地元の商店街の中で、間口の狭いチーキョフテ専門店というものを見かけることがあります。こちらは、テイクアウトが主で、中にちょっとしたイートイン・コーナーがあることもあり。好きな人は、おやつ感覚でこのチーキョフテをパクついたり、またラワシュという薄〜いナンのようなパンで巻いて軽食にし… 続きを読む



トルコ料理の定番・ケバブは、バリエーションいっぱい!

[2007/10/11] 洋子・オーレテン

この他にもケバブは色々とありまして、こちらは輪切りにしたナスをふんだんに使ったナスのケバブ。ナスとナスの間には挽肉で作った肉団子が挟まれています。焼きナス状になったナスと肉団子を、薄〜いナンのようなパン・ラワシュに包んで食べるのがツウですね。シンプルだけど、ナスやお肉そのものの素材の美味しさを実感できるんです。この写真のものはハシュハシュ・ケバブというもの。ハシュハシュというポピーシードがまぶされた挽肉のケバブです。お皿の端から端までデーンと、これで一人前です。一般的にケバブの付け合せにはトマト… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ラワシュ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。