「ランドスケープ」に関連する現地ガイド記事

「ランドスケープ」に関連する現地ガイド記事

ランドスケープに関する現地ガイド記事を集めました。ランドスケープの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

2017年下半期、注目のビーチリゾート大集合!

[2017/11/23] 古関千恵子

モルディブの新リゾートラッシュは継続中ですが、長年愛されている麗しのリゾートもリニューアルを経て、パワーアップ。一周回って、さらに進化したという感じでしょうか。たとえば北マーレ環礁のフォーシーズンズ リゾート モルディブ アット クダフラ。ナチュラルな印象の色調だったお部屋から、ブーゲンビリアをイメージさせるフーシャピンクをアクセントカラーに。テラスもグーンと広くなりました。また、ラヴィヤニ環礁のカヌフラも1年半のクローズを経て再デビュー。こちらはシャビーシックなテイストに変わり、ランドスケープ… 続きを読む


フィジーのビチレブ島初、国としては2番目の水上コテージが誕生!

[2017/11/05] 古関千恵子

250室のゲストルームやヴィラは、プールまたはラグーンビュー。伝統的なフィジーらしさをモダンにアレンジし、取り入れています。たとえば色合いやモチーフは、伝統的な布の“タパクロス”をイメージ。部屋のライトは昔の漁に使われたカゴを模ったもの。そして水上コテージやヴィラは、カヌーの船底を上下逆さにしたようなフォルム。22棟の水上コテージはテラスから直接ラグーンに入ることができ、114棟の2室1ユニットのブレ・ヴィラは南国の花々に囲まれています。2階建てユニットのデラックスルーム136室はコネクティング… 続きを読む



世界最大級の水族館がニューオープン! みんなで遊びに行こう

[2013/03/24] 葛西玲子

海底の世界を取り巻くのは、美しいカラフルなさんごや海藻などのランドスケープならぬ”アクアスケープ”。自然が作り出す圧倒的な造形の美しさにうっとりとしてしまいます。この水族館の最大の売り物は、高さ8.3メートル、長さ36メートルという”世界最大のビューイングパネル。家族連れもカップルも、みんな思い思いに水の中を自由自在に泳ぎ回る魚たちをながめています。目の前をマンタがひらひらと駆け抜け、そのあとを小さな魚の群れが勢いよく追いかけていきます。 続きを読む



熱帯滞在には必須アイテムのスイミングプールでホテル選び

[2010/03/11] 葛西玲子

便の良いロケーションでなおかつリゾート気分も盛り上がりたい!というよくばりな人には、グッドウッドパークホテルのプールがおすすめ。白亜のコロニアルスタイルの低層の落ち着いた色調のホテルは、一歩表に出れば、随一の繁華街オーチャードロードと交差する便利なスコッツロード。ここはメインプールよりも、コートヤードルームに囲まれたこじんまりした第2のプールが素敵です。南国の緑が溢れるチャーミングでムードたっぷりの空間は、バリ島の無数のリゾートを手掛けたランドスケープデザイナー、マデ・ヴィジャヤ氏の手によるもの… 続きを読む



広大なエリアに熱帯の樹木からボンサイまで満載! ナーサリーで植物ショッピング

[2009/10/20] 葛西玲子

“ナーサリー”とは、もともとは苗床を育てて販売する場所ですが、プロの植木屋さんやランドスケープデザイナーがたくさんの樹木を選んだり買い付けに行くような専門店であるだけではなく、小売もしているので、自分の庭に植えるための木を選んだり、ガーデニング用品や、鉢植えや切り花も豊富に揃っています。こういったナーサリーは郊外に何件もありますが、たいがいは、亜熱帯植物が販売されるエアコンの効いた大きな屋内棟と、様々な熱帯植物や樹木たちが販売される広大な屋外エリアを擁しています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ランドスケープ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。