「ランプレドット」に関連する現地ガイド記事

「ランプレドット」に関連する現地ガイド記事

ランプレドットに関する現地ガイド記事を集めました。ランプレドットの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

フィレンツェ中心で食べられる地元名物B級グルメ

[2016/07/03] 堂剛

ステーキの次にフィレンツェの名物料理といえばトリッパなどの内臓料理。肉の消費量が多いフィレンツェではモツ料理も古くから良く食べられて来ました。今回紹介するのはモツ煮込みで一番有名なお店「ネルボーネ」です。中央市場内にあって朝早くから働く人の胃袋を助けてきました。最近は旅行者にも人気でお昼時になると行列ができるほど。ここで食べて欲しいのはランプレドットのパニーノ。ランプレドットとは牛の第4胃をメインに、トマト、パセリ、セロリなどを塩コショウで煮込んだもので、見た目とは違いとてもあっさりしています。… 続きを読む



食の都・フィレンツェならでは!食材と味にこだわった中央市場のフードコート

[2015/10/18] 木場しのぶ

それも、フードやドリンクの種類別に店が分かれていて、初めての人や観光客にも利用し易いんです。例えばこのフロアマップを見ていただくと分かる通り【イラスト入り】、左手には、魚、リストランテ【“リストランテ”は食事処の中でトップグレードです】、揚げ物&ミートボール、野菜&果物、肉&サラミ。右手にはモッツァレッラ、チーズ、チョコ&ジェラート、パン&スイーツ、ピザ、生パスタ、そしてエノテカ(イタリアでワインは不可欠!)。また中央にはフィレンツェ伝統のランプレドットや、パニーノ、サンドウィッチ、コーヒーやバ… 続きを読む



フィレンツェのB級グルメ代表「ランプレドット」を食べてみよう!

[2015/03/13] 堂剛

ランプレドットのパニーノを注文すると、刻んだランプレドットをパンに挟んでくれて、その上から味付けしてくれます。手早く食べるにはこれが一番楽ちん。値段も2.5〜3.5ユーロと安くてボリュームもたっぷりです。一方バスケッタとは小さな容器にランプレドットだけを入れて、別にパンを添えてくれます。個人的にはこちらがお勧め。肉の旨味や食感をしっかりと確認できます。日本で言う「牛皿」って感じでしょうか。しっかり味わいたい人向け。地元の赤ワインと一緒に食べれば幸せなひとときを過ごせるでしょう。 続きを読む



毎週火曜日開催のカシーネ市場は庶民の見方。旅行者にもお勧め!

[2014/10/20] 堂剛

火曜日にフィレンツェ滞在する人はラッキーです。アルノ川沿いの散策は風も心地良く、その規模と商品の安さに感動するでしょう。小腹が減ったら地元名物のトリッパやランプレドット(モツ煮込み)のパニーノ、一口フライなどの屋台料理などを買ってベンチで一休みするのもお勧めです。これがとても美味しいのです。くれぐれも財布だけには注意しましょう。どの町のどの市場にも悪さをする人は少なからず出没します。貴重品はホテルに預けて、最低限のお金とカメラを持ってメルカート散策に行きましょう! 続きを読む



牛フィレ、臓物etc...、アルゼンチン風だとこうなる!!

[2012/02/10] 木場しのぶ

でもその前に、前菜もたっぷりいただきました。ところで、フィレンツェ庶民の伝統料理といえば臓物料理。トリッパやランプレドット(共に牛の胃袋を煮込んだもの)が有名ですが、臓物ってアルゼンチンの人たちもよく食べるものなんですね。でも彼らの料理ときたら、“臓物”といえどグロテクス感がまるでない。臭みなんかもまるでなく。見た目はシンプルながら、すばらしい料理テク! 焼いてるだけ? いえいえ入念な下ごしらえの為せる技です。写真は牛の膵臓。そう聞くとドキッとしちゃいますけれど、カリッと焼いてあって香ばしく、美… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ランプレドット」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。