「リオ、お土産」に関連する現地ガイド記事

「リオ、お土産」に関連する現地ガイド記事

リオ、お土産に関する現地ガイド記事を集めました。リオ、お土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ボロブドゥール遺跡のある町、ジョグジャカルタの楽しみ方

[2016/09/28] りんみゆき

インドネシアの中部にあるジョグジャカルタから、約40キロ離れたところに位置しているボロブドゥール遺跡は8世紀ごろ建てられた世界最大級の仏教寺院です。毎日多くの観光客が世界中から訪れますが、おすすめの訪問時間は早朝。遺跡公園内にあるマノハラホテルで、午前4時ごろから受付をしています。ホテルゲスト以外でも400,000ルピア(外国人)を払えば予約なしで入れます。懐中電灯を持って遺跡をのぼり、好きな石段に座って朝日が昇るのを待ちます。静けさの中、たくさんの人に見守られて出てくる太陽を目にすると、子ども… 続きを読む



フィレンツェで花の香りのショッピング

[2016/07/18] 堂剛

イタリア・トスカーナ州の州都フィレンツェは、古代ローマ時代に花の女神フローラから名付けられたと言われています。町の顔とも言える大聖堂は「花の聖母教会(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)」、町の紋章は「百合(ジーリオ)」がモチーフと花にゆかりがあります。だからといって町が色とりどりの花で溢れているわけではないですが、フィレンツェの町を歩いていると、ときおり風にのって花の香りが漂ってきます。今回はその甘い香りの元となる人気の香水店や薬局をご紹介します。 続きを読む



ベタだと侮るなかれ!シアトルのシンボル、スペース・ニードルの展望台&回転レストラン

[2016/02/24] Rika Higashi

ダウンタウンの北側、シアトル・センター内にある、高さ605フィート(約184メートル)のスペース・ニードルは、シアトルでおそらく一番有名なランドマーク。「宇宙時代の人類」をテーマにした1962年のシアトル万国博覧会の際に建てられました。空を飛ぶ円盤が細い塔の上に着陸したようなユニークなデザインは、シアトルのスカイラインに、なくてはならない存在となっています。ホリデーシーズンには、ライトアップされる他、様々なイベント会場にもなっています。 続きを読む



2013年オープンの美しい新名所「リオ美術館」

[2015/02/28] 東リカ

2013年3月に開館したリオ美術館(Museu de Arte do Rio - MAR)は、美術展と教育プログラムを実施する文化施設。1916年築のドン・ジョアン6世の邸宅と、元バスターミナルだというモダンなビルを波形の屋根で繋いだユニークな建築です(ベルナルデス+ヤコブセン建築設計事務所)。リノベートされた豪邸は、展示ホールとして使用され、モダンなビルはEscola do Olharという教育施設となっています。 続きを読む



銀製品はメキシコ人の高い技術・豊富なデザイン・産地ならではの価格が魅力

[2014/07/16] 宮谷千英

現在知られている最古の銀製品は紀元前3000年前のもので、メソポタミア、カッパドキア、トロイア、フェニキア等のシュメール人の埋葬遺跡で発見された。中世ヨーロッパの時代には、銀がヒ素などの毒物に反応して色が変化する為、貴族・王族の間では銀食器を用いたり、クレテンザ(信用)というシルバーナイフで肉を切って安全を証明したりしていたらしい。中国でも同じ理由で銀の箸が使われていたという。日本へ伝来したのは紀元前100年頃。体に優しいイオンを与え、入れたものを腐りにくくし、減菌・抗菌作用のある銀はまた、色が… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 リオ、お土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。