「リマ、ショッピング」に関連する現地ガイド記事

「リマ、ショッピング」に関連する現地ガイド記事

リマ、ショッピングに関する現地ガイド記事を集めました。リマ、ショッピングの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

リマ発日帰りツアー 太陽がいっぱいのルナワナへ!前編

[2014/09/15] 原田慶子

ネブリーナ(海霧)の影響から、曇天の日が続く冬のリマ。せっかくショッピングやペルーグルメを堪能しているのに、天候のせいかどうも盛り上がりに欠ける…ということもあるだろう。そこでお勧めしたいのが、冬でも眩しい陽射しが降り注ぐリマ郊外への日帰りツアー。2009年8月24日にご紹介したアンデスの町「カンタ」など、とっておきの場所はいくつかあるが、アクティブな1日を過ごしたい向きには、なんといっても「LUNAHUANA(ルナワナ)」がいい。標高480m、ほぼ年中好天に恵まれるルナワナは、川遊び、特にラフ… 続きを読む



保養に最適!町から離れたブレーメンの港

[2011/06/08] Kei Okishima

ブレーメンから50キロ北に位置するブレーマーハーフェン。こんなに離れているのに、ここもブレーメン市だ。中世から河川港として発達したブレーメンは大型船の時代になると川底が浅くて船が寄港できなくなった。そこで市は1827年、ヴェーザー川河口に大きな港を建設する。言わばブレーメンの飛び地である。19世紀後半はヨーロッパからアメリカ大陸への移住が盛んになった。ブレーマーハーフェンからも多くのドイツ人がアメリカへ渡って行った。現在はコンテナターミナルの港としてハンブルクと競い合っている。ブレーメンからブレ… 続きを読む



総合民芸品ギャラリー、ポコ・ア・ポコの世界へようこそ!

[2009/03/24] 原田慶子

柔らかく優しい手触り、ふんわり軽く温かな使い心地、日本人好みの淡い色から深みのある濃い色まで、無限に広がる豊富なカラーバリエーション。これが「POCO A POCO(ポコ・ア・ポコ)」のアルパカ製品の特徴だ。日本人オーナーの早内香苗さんが生み出すアルパカの染め物は、すべて天然の草木染め。コチニールやアンデスで採取されるチルカの葉、苔類、鉱物を巧みに合わせ、誰にも真似できない豊富な色彩を生みだしている。どの染めも素晴らしく、ショールやマフラーを色違いで何枚も購入する人が多いのも頷ける話だ。リマでお… 続きを読む



ツーリストの強い味方、「ラルコマール」徹底解剖

[2009/03/11] 原田慶子

ミラフローレス地区の海岸沿い、太平洋を見下ろすその場所にあるのが「Larcomar(ラルコマール)」。リマで人気のブティックやレストランが軒を連ね、いつも大勢の人たちで賑わっている。しかしここはただのショッピングセンターではない。滞在時間の短い観光客にこそ、お勧めしたい場所なのだ。その理由は、観光客にとって便利で楽しめる施設が揃っていること。お土産はもちろん、市内ツアーの窓口や旅行会社、両替所もある。もちろんトイレも無料だ。欧米人客が多いので、比較的英語が通じるのもいい。今回はラルコマールの便利… 続きを読む



クタにウブドの人気ショップが集結!あれこれ揃う便利な「ウブド プレミアム」

[2009/02/06] 田尾蓮果

バリ島の観光エリアはクタ、スミニャック、ヌサドゥア、サヌールなど、そのほとんどがビーチ沿いにある。そんな中で唯一、山間部に位置するウブドは、そののどかでやわらかな空気とアーティスティックな雰囲気が人気を呼んでいるエリアだ。そんなウブドにはほかのエリアにない個性的なショップも多い。そのほとんどが小さなショップなのだけれど、そういったショップにはウブドらしい自然派のオリジナルグッズが目白押しなのだ。けれど、3泊5日、4泊6日の日程しか取れず、ほかのエリアに滞在するとなると、ウブドまで行く時間がもった… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 リマ、ショッピング」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。