「ルイーズ通り」に関連する現地ガイド記事

「ルイーズ通り」に関連する現地ガイド記事

ルイーズ通りに関する現地ガイド記事を集めました。ルイーズ通りの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

昼でも夜でも一人でも。ロコ気分でくつろげる大人のバー

[2015/02/12] 宮谷千英

港の前の大通りLopez Mateos、大きな国旗の広場の真ん中あたりのAv.Riverollをはさんで北と南では大きく雰囲気が違う。北はマルガリータ発祥で有名なフッソンズを始め、トレンディな飲食店が並ぶRuiz(ルイーズ通り)まで、観光客を相手にした派手なお店がズラリと並んでいる。若い人達に人気でいいつもガンガンの大音量が鳴り響いているレストランバー「パパス&ビアー」もこのあたり。それに比べ南側に続く通りは本当にいつもひっそりとしている。どちらかと言えばセレクトショップや個性的なお店、フレンチ… 続きを読む



120年の歴史、マルガリータの発祥のバー「フッソンズ」本店

[2013/09/01] 宮谷千英

「Hussong's」の創設者はドイツ生まれのJohann Hussong」。アメリカへ移民しジョンと改名。エンセナーダに注目した彼だが、馬車で移動中に骨折。手当を受けた場所がバーだった。そのオーナーがトラブルで刑務所へ行って、戻って来た時にジョンにバーを売ったのがきっかけで、ジョンはジョン・フッソンズ・バーを始める。最初にあった場所でうるさいと苦情にあった為、移動したのが1892年、現在あるルイーズ通りだ。1979年に孫のリカルドが受け継いだ時に、天井と製氷機を変えただけで、ほとんど当時のまま… 続きを読む



ヨーロッパで最も美しい森のひとつ、カンブルの森〜ルイーズ通りから続く市民の憩いの公園へ

[2008/07/03] 内田由香

旅先で、現地の人々の暮らしを真似してみるのも一つの楽しみです。マルシェにいったり、地元民で賑わうカフェのテラスでお茶をするのがまさにそれだと思います。今回は、ブリュッセルのアップタウン「ルイーズ通り」でお買い物を楽しんだ合間に、公園でランチをしてみませんか? 市民が憩うその公園は、ルイーズ通りの突き当たりにあり、しかも1976年に歴史的建造物にも指定された場所!「カンブルの森」です。 続きを読む



その数1000軒!ブリュッセル=アールヌーヴォー建築の都を散歩する!

[2008/04/10] 内田由香

そんな現存するアールヌーヴォー建築の散策にオススメなのは、ルイーズ通りとシャルルロワ通りにはさまれた三角形のエリアです。この界隈にはかつてビクトール・オルタ氏の邸宅があり、現在美術館として解放されていて見応えは十分! ここまでやっちゃう!?と半ばため息が出るほどの凝り様です。このエリアには他に、ヴィクトル・オルタの弟子であるアルベール・ローセンブーム(Albert Rooosenboom)が建築した館もあり、こちらには何とも美しい壁画が!(写真1、2枚目)。ルイーズ通り界隈以外では、サン・ジル地… 続きを読む



高級ブティック街ルイーズエリアで、13ユーロの美味ベルギーランチ!

[2008/02/05] 内田由香

ベルギーの「小パリ」と呼ばれるブリュッセルのルイーズ地区は、洋の東西を問わず世界中から集まった観光客で賑わうショッピングエリアです。ルイーズ駅からカンブルの森へ延びるルイーズ通りと、それと直角にポルト・ナミュールまで延びるワーテルロー通りには高級ブティックが立ち並び、またギャルリー(屋内ショッピングモール)内には庶民的なお店や、個性的なデザイナーモノまでそのラインナップは多種多様! 「小パリ」と呼ばれるに相応しい古い町並みで、気分良く美味しいランチを食べていただく! それが今回のテーマです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ルイーズ通り」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。