「ルネサンス建築」に関連する現地ガイド記事

「ルネサンス建築」に関連する現地ガイド記事

ルネサンス建築に関する現地ガイド記事を集めました。ルネサンス建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ハーバード美術館が改装工事を終え、ようやく再オープン!

[2015/02/19] 内田よしえ

新しくなったハーバード美術館は、もとのフォッグ美術館とブッシュ・ライジンガー美術館の建物を活かして増改築しているので、正面入口はフォッグ美術館のなごりがそのまま残っていますが、館内はルネサンス建築と近代建築を上手く融合した形となりました。またピラミッド型のガラス張りになった天井は館内に光を注ぎ、吹き抜けのロビーに明るさと開放感を与えています。ギャラリースペースも増え、3館にあった美術品がバランスよく地域や時代によって分けられ、展示されています。 続きを読む



ベネトンのアウトレットでまとめ買いしよう!

[2012/06/20] 木場しのぶ

店はフィレンツェの隣の隣の町、ピストイアにあります。列車はヴィアレッジョ行き、またはルッカ行きローカル線で約40分。フィレンツェにはベネトンの正規店はあるものの、残念ながらアウトレットはありませんから、ピストイア観光の際に是非立ち寄られることをお薦めします。ちなみにピストイアは、ゴシック・ルネサンス建築の随所に残る、中世期に栄えた街。列車を降りたら、駅正面に伸びるメインストリートをひたすら真っ直ぐ進み、150mくらい行ったところの右手です。 続きを読む



パリから30分、小ヴェルサイユといわれたシャンティー城へ

[2010/04/24] 夏樹

今、中世期のもので残っているのは、7つある塔の底部だけ。お濠の中に沈んでいます。その後、各城主たちが改築、増築を重ねて、現在の大きなものになりました。グランシャトーは、フランス革命中に破壊され19世紀に再建されたものですが、ルネサンス建築のプティシャトーと大厩舎は当時のものを見ることができます。これからの時期、お天気の良い日に半日観光できるパリから30分という近さ、また、芝生の上でくつろぐこともできるのでピクニックもオーケー。 続きを読む



古代ローマ時代のフィレンツェの街並みって想像できますか?

[2010/03/02] 木場しのぶ

フィレンツェといえば、芸術の都〜文芸復興=ルネサンス。メディチ家が台頭した中世期に栄えた町・・・。当時の町並みが今も色濃く残るとはいえ、やはりこの町も時代とともに少しずつ変わってきました。また、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの巨匠が活躍したのは15世紀後半ですが、100年あまり遡った14世紀後半に当家が最初に歴史上に名を為し、それからさらに100年前の12世紀後半に『神曲』を著したダンテが現れました。ではそれよりもっとずっと昔のフィレンツェとは、ゴシックやルネサンス建築で覆われていないフィレンツェ… 続きを読む



ウベダのシンボル、ルネサンス建築の「サンティアゴ病院」

[2009/07/14] 田中富子

1562年から1575年に建設されたこの病院は、現在、スペインにある民間のルネサンス建築物の中でも、大きいものとされている。当時のハエン司教の命により、有名な建築家ペドロ・デ・バンデルビラとその息子のアンドレスによって建設されたが、貧しい人たちの病院のためであると同時に、教会でもあり、また御殿でもあったという、実にマルチな建築物であったようである。病院の機能としては、50コのベッドがあったという。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ルネサンス建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。