「レオニダス、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

「レオニダス、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

レオニダス、チョコレートに関する現地ガイド記事を集めました。レオニダス、チョコレートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「レオニダス」のチョコはギリシャ人菓子職人の味

[2008/12/01] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャ人には、外国で有名になった人々がたくさんいます。今回紹介するのも、そんな一人。アメリカへ移住したギリシャ人の菓子職人、レオニダス・ケステキディス氏です。1913年にベルギーで万国博覧会が行われ、このレオニダスさんはギリシャ代表として出品したチョコレートで金賞を受賞したのです。ベルギーはチョコで有名な国ですが、その首都ブリュッセルに第1号店を開いて出発しました。レオニダス氏の甥バジル氏が継いでからは、作りたてのフレッシュなチョコレートをショーウィンドーに並べる方式で成功して、行列ができる人… 続きを読む



郊外まで行く価値あり!美しい公園に佇むフォロン・ミュージアムで絵本の中の世界へ!

[2008/06/26] 内田由香

今回は、私がベルギーで一番好きな場所を紹介します! それは現代アーティスト、ジャン・ミシェル・フォロン氏が生前自ら創設した「フォロン・ミュージアム(Fondation Folon)」です。彼を知る人も知らない人も、ぜひ訪れて欲しいその美術館は、ブリュッセルの郊外の美しいユルプ(Hulpe)という場所のソルベイ公園の敷地内にあります。美術館の周辺も中もまるで夢の国のよう! 一度でも訪れたら、きっとエイビーロード読者の皆さんの心に残る場所になるでしょう。 続きを読む



ベルギーのチョコレートはやっぱり凄い!食べる芸術品からお手軽ショコラまで必食!

[2008/02/27] 内田由香

ベルギーのチョコレートはやっぱり凄い、と最近改めて思いました。その最たる理由は、「道を歩けばチョコレート屋に」ここまで「当たってしまう」場所もそうないと思うからです。どれほど「当たる」かというと、徒歩3分以内に数軒…例えばメトロ終着駅ストッケルでは駅から徒歩1分圏内にピエールマルコリー二、ノイハウス、マイウ(パティスリー)、レオニダスがあり、駅隣接スーパーのショコラ売り場は足下から頭上の高さまでびっしり並んだチョコレートコーナーが15mほど続いて(スーパーによっては20m以上のケースも!)いるの… 続きを読む



世界が甘く沸騰する!「サロン・デュ・ショコラ」を体験しよう

[2007/09/28] 田中知子

年に一度、パリでサロン・デュ・ショコラというチョコレートのイベントが開かれます。 パリでは今年で13回目。2007年の日程は10月19日〜10月22日です。今年はパリ以外でも、ニューヨーク、東京、モスクワ、上海で開催されますが、やはり本場で楽しむのが一番。わざわざサロン・デュ・ショコラの日程に合わせてパリを訪れる人も多いという程、人気と知名度を誇っているイベントです。TVチャンピオン「チョコレート通女王」に輝いた、私・田中知子もお勧めです! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 レオニダス、チョコレート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。