「レコンキスタ」に関連する現地ガイド記事

「レコンキスタ」に関連する現地ガイド記事

レコンキスタに関する現地ガイド記事を集めました。レコンキスタの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルヒージョはプエルタ”門”から始まる

[2015/05/31] 田中富子

ARCOS DE TRIUNFO(勝利のアーチ)傍にあるPUERTA DE TRIUNFO(勝利の門)は村の西側に位置し、その名の通り、この門から1232年レコンキスタにてアラブ軍に勝利したキリスト教の軍隊が入場したため、その名がついている。最後のPUERTA DE HERRADURA(馬蹄の門)は、アルカサバ(城塞)のアラブ門である。門同士は城壁によって繋がれ、現在でも当時の様子を伝え続けているのが印象的で考え深い。 続きを読む


アンテケラの丘に佇立する要塞から街を一望しよう!

[2012/05/17] 田中富子

アンテケラは坂が多い町だ。町を一望できる丘に上に聳え立つ要塞(ALCAZABA)は、スペインの他の都市にある要塞同様、アラブ時代の建築物であるが、そのベースはそれ以前から存在している場合が多い。この要塞もその1つで、基礎はローマ時代に造られたとされている。ローマ時代はその場は石切り場だったようだ。ただ重要性を持つのはやはりアラブ時代となる。14世紀にレコンキスタの勢力に対抗するため建設され、ほぼ最後の砦となったアンテケラの要塞は、現在静かに町を見下ろしている。 続きを読む



スペインゴシック建築の傑作,世界遺産大聖堂を訪ねてブルゴス(BURGOS)へ!

[2010/12/14] 鈴木美佐子

いくつかある礼拝堂の中でもプラテレスコ様式の装飾が施されたCapilla de Condestable(コンデスタブレ礼拝堂)は必見です。その奥小部屋にはレオナルド・ダヴィンチの弟子Giampietrinoによるマグダラのマリアの絵画がかざられています。(一時はダビンチによる絵と噂されていたことも!)またブルゴスはエル・シド(EL CID)の名前でしられている、レコンキスタの英雄Rodrigo Diaz de Vivarの故郷でもあり、大聖堂内にはその妻とともに埋葬されています。 続きを読む



トレドではかかせない石橋を楽しもう!

[2010/08/17] 田中富子

トレド市を回りこむようにして囲むタホ川。そこに2つの歴史深い石橋がかかっている。1つ目は、PUENTE DE ALCANTARA(アルカンタラ橋)、2つ目は、PUENTE DE SAN MARTIN(サン・マルティン橋)だ。アルカンタラ橋は、ローマ時代の788年から建設が開始されたと考えられている橋であるが、その後、もちろん数度に渡り改装されている。レコンキスタの際には、幾度とない攻撃にさらされているという。中世期の間、巡礼者は必ずここを通ってトレドに入らなければならなかったそうだ。 続きを読む



連なるアーチに圧巻!世界的に有名なコルドバのモスクへ、ようこそ

[2008/11/17] 田中富子

中に入ると、まず目を奪われるのは、白と赤に塗られたアーチ群である。薄暗い館内に、どこまでも連なる白と赤のアーチ、コーランが金装飾されているミフラーブ、そしてモザイクたちが、なんともいえず神秘的で、エキゾチックな空間を作り出している。また、メスキータのど真ん中に、キリスト教の中央祭壇や礼拝堂が作られており、異宗教が重なり合っている、実に興味深い建築物である。個人的に興味深いと思ったのは、メスキータは、それ以前にあった教会をほぼ取り壊して建設されたが、レコンキスタ(※)後は、メスキータ部分の温存をし… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 レコンキスタ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。