「ロサンゼルス、映画、舞台」に関連する現地ガイド記事

「ロサンゼルス、映画、舞台」に関連する現地ガイド記事

ロサンゼルス、映画、舞台に関する現地ガイド記事を集めました。ロサンゼルス、映画、舞台の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

映画の舞台【ダイハード】――ダイハードでアメリカを横断

[2009/06/17] 大塚ばつ丸

【ブルース・ウィリスをスターにしたダイハード・シリーズ】ブルース・ウィリスの出世作になったダイハード・シリーズは第4作まで作られている。ニューヨーク市警のマクラーレン刑事が事件に巻き込まれて「世界一不運な男」とブツブツ言いながらも、超人的な活躍で解決にもっていく。最初の作品ではロサンゼルスにある日系企業のビルでクリスマス・パーティが開かれている最中、侵入してきたテロリストがビルを乗っ取る。このビルの外観として使われたのがロサンゼルスにあるフォックス・プラザ・ビル。建っているのを一目見ただけで「あ… 続きを読む



映画の舞台【インデペンデンス・デイ】―ロサンゼルスのビルトモア・ホテル

[2009/02/05] 大塚ばつ丸

「インデペンデンス・デイ」は1996年のアメリカ映画。当時はまだ今ほどの大スターではなかったウィル・スミスが重要な海兵隊のパイロット役で出演している。世界の主要都市に空を覆うほど巨大な円盤が突然現われ、アメリカ政府はこの円盤と交信しようとするが、その返答はいきなりの攻撃だった。ニューヨーク上空の円盤から発射された破壊光線の一撃でエンパイア・ステート・ビルが崩れていく。これで初めて、彼らが地球への侵略者であることが明らかになった。ニューヨークだけでなく世界中で宇宙人の攻撃が始まり、各地のランドマー… 続きを読む



映画の舞台【バック・トゥ・ザ・フューチャー】―ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ

[2009/01/08] 大塚ばつ丸

1985年に作られた映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、タイムスリップに必要な電気エネルギーを得るために避雷針への落雷を利用するという設定になっている。科学者ドクが大きな時計の針にぶら下がるシーンもあるこの大時計のある建物はもちろん本物ではなくて撮影用のセット。これをロサンゼルス、ユニバーサル・スタジオの「スタジオ・ツアー」で見ることができる。「スタジオ・ツアー」はユニバーサル・スタジオの人気アトラクションのひとつで、園内を走るトラムに乗ると、おなじみのキングコングから最近加わったスピル… 続きを読む



ロサンゼルスを1日300ドルで楽しむ方法

[2008/12/25] 大山真理

300ドルの使い道は、まず、美術館からスタートだ。午前中、ホテルでゆっくり過ごした後、午後から石油王のポール・ゲッティ収集の美術品を展示した「J. Paul Getty Museum(J ポール・ゲッティ・ミュージアム)」へ。館内では、ヨーロッパの絵画、彫刻、家具、写真など中世から現代までの西洋芸術が鑑賞できる。ロバート・アーウィンによるデザインの「センターガーデン」も見ごたえあり。美術館がある山の中腹から見渡せるロサンゼルスの街並みも、「ここに来てよかった」と思えることまちがいなし! これで1… 続きを読む



映画フリークのあなたに「ワーナーブラザーズ・スタジオ・VIPツアー」

[2008/12/12] 大山真理

「映画の撮影風景が見たい」「テレビ番組の舞台裏が見たい」「セレブに会いたい」。そんなあなたの願いをかなえてくれるのが、「Warner Brothers Studios VIP Tour(ワーナーブラザーズ・スタジオ・VIPツアー)」。ワーナーブラザーズといえば、『カサブランカ』『マイフェアレディ』『ミリオンダラー・ベイビー』など、数多くのアカデミー賞受賞作品を製作していることで有名だ。ツアーでは、そんな映画やテレビの撮影所内を12人乗りのトラムに乗ってツアーガイドが案内してくれる。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ロサンゼルス、映画、舞台」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。