「ロサンゼルス、美術館、ゲッティ」に関連する現地ガイド記事

「ロサンゼルス、美術館、ゲッティ」に関連する現地ガイド記事

ロサンゼルス、美術館、ゲッティに関する現地ガイド記事を集めました。ロサンゼルス、美術館、ゲッティの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロサンゼルスを無料で楽しむ方法

[2009/12/03] 大山真理

次の旅行は、無料で楽しめるロサンゼルスのスポットを訪れてみてはいかが?ダウンタウン近郊にある博物館「California Science Center(カリフォルニア・サイエンス・センター)」なら、家族と一緒に科学に関する展示が見られて楽しい。子どものプログラム満載の水族館「Cabrillo Marine Aquarium(カブリロ・マリン・アクエリアム」も入場無料だ。有名な美術館「Getty Center(ゲッティセンター)」も入場無料。ただし、駐車代が必要なので、近くで路上駐車して歩いたりバ… 続きを読む



マリブにあるもう1つのゲッティ美術館「ゲッティ・ビラ」

[2009/09/14] 大山真理

ポール・ゲッティが1945年に所有した敷地にある美術館「Getty Villa(ゲッティ・ビラ)」。2006年1月に再オープンした同館は、有名なゲッティ美術館のマリブにある別館だ。こちらは、ローマ式邸宅「パピルス荘」をモデルとした美術館で、1200以上の古代ギリシャ、ローマ、エトルリアの彫刻など常設展示などがある。特に、フォーマルガーデン「外部柱廊」は必見!50ヘクタールのゲッティセンターより約半分の24ヘクタールとこじんまりしているので、短時間しかなくてもじっくり見て回れるのも魅力。 続きを読む



ロサンゼルスを1日300ドルで楽しむ方法

[2008/12/25] 大山真理

300ドルの使い道は、まず、美術館からスタートだ。午前中、ホテルでゆっくり過ごした後、午後から石油王のポール・ゲッティ収集の美術品を展示した「J. Paul Getty Museum(J ポール・ゲッティ・ミュージアム)」へ。館内では、ヨーロッパの絵画、彫刻、家具、写真など中世から現代までの西洋芸術が鑑賞できる。ロバート・アーウィンによるデザインの「センターガーデン」も見ごたえあり。美術館がある山の中腹から見渡せるロサンゼルスの街並みも、「ここに来てよかった」と思えることまちがいなし! これで1… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ロサンゼルス、美術館、ゲッティ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。