「ロッテルダム」に関連する現地ガイド記事

「ロッテルダム」に関連する現地ガイド記事

ロッテルダムに関する現地ガイド記事を集めました。ロッテルダムの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

スタイリッシュな世界遺産。ファン・ネレ工場

[2017/04/23] ミツフィ

オランダのデザインや建築は世界的に有名ですが、特にロッテルダムではキューブハウスのような近代建築、及び斬新なフォルムの現代建築をよく見かけます。そのロッテルダムにある建築で2014年にユネスコ世界文化遺産に登録されたのが、「オランダ近代主義の象徴」「近代建築史上の代表作の一つ」との呼び名が高いファン・ネレ工場です。オランダでは10番目に登録された世界遺産です。 続きを読む



モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

オランダでの例を挙げてみますと、例えばロッテルダム市長のアハメッド・アブタレブ氏はモロッコ移民出身のイスラム教徒で、オランダで最も優れたリーダーに選ばれています。そしておしゃれに敏感な方ならご存知かもしれませんが、アメリカやヨーロッパのヴォーグを始め、ジバンシィ、ゴルチェ、プラダ、ディオール、ベルサーチなど有名雑誌やブランドのコレクションの常連のスーパーモデル「イマン・ハマム」。イマンはモロッコ移民とエジプト移民のハーフのイスラム教徒でオランダ国籍。現在オランダが世界に誇るスーパーモデルで、こち… 続きを読む



75年前のロッテルダムが蘇る。De Aanval(デ・アアンヴァル)

[2015/09/18] ミツフィ

今年2015年はロッテルダム空爆から75年目の年になります。75周年のメモリアルとしてロッテルダムでは、戦時下のロッテルダムに関する特設展「デ・アアンヴァル(De Aanval)」を開催中です。巨大な会場でまず目を引くのは、やはりロッテルダム空爆を行った爆撃機、ハインケル He-111でしょう。時系列ごとに多種多様なビデオやパネル、証言者のインタビュー、ドイツに降伏した際に用いられた白旗などを実際に目にすると、当時のロッテルダムの緊張感が伝わってきます。戦前のロッテルダムの街並みが現在とまるで異… 続きを読む



オランダ現地で生のトラピストビールを!「コニングスホーヴェン醸造所」

[2015/04/15] ミツフィ

所在地:Eindhovenseweg 3, Berkel-Enschot電話: +31 (0)13 572 26 50レストラン営業時間:4月から10月:午前11時から午後7時。日曜は正午から午後7時。11月から3月:月曜から土曜:午前11時から午後6時。日曜は正午から午後6時。ショップ営業時間:4月から10月:月曜、午後1時半から午後5時。火曜から日曜、正午から午後6時11月から3月:火曜から金曜、午後1時半から午後5時。土曜、正午から午後5時。日曜、午後3時から午後4時45分醸造所見学ツアー… 続きを読む



名画とデザインを大らかに体感。ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

[2014/01/19] ミツフィ

オランダは美術館の数が大変多い国とも言われ、アーティストやデザイン愛好家から絶えず注目されている国です。オランダ第二の都市ロッテルダムでの代表的な美術館は、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館でしょう。1841年にロッテルダムの弁護士ボイマンスが市にコレクションを寄贈し、1958年に実業家ダニエル・ヴァン・ベーニンゲンもコレクションを寄贈。寄贈者の名を取り「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」と名づけられました。そして時代を経て各分野を充実させ、現在は中世絵画から近代美術、工芸品からインダ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ロッテルダム」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。