「ロンドン、建物」に関連する現地ガイド記事

「ロンドン、建物」に関連する現地ガイド記事

ロンドン、建物に関する現地ガイド記事を集めました。ロンドン、建物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界一美しいと謳われたカフェ・ニューヨーク、今も健在

[2018/03/19] Hiromi

ブダペストは知る人ぞ知るカフェ文化の街。ウィーンのカフェ文化はよく知られているが、それと似た文化がブダペストにも見られる。ヨーロッパでカフェが流行り出したのは19世紀頃からで、特に19世紀末にはどこの都市にも続々とカフェが出現し、その街独自の文化を形成していった。パリのキャフェは若き政治家たちの溜まり場となり、市民革命の拠点となっていった。これに対してロンドンのコーヒーハウスはジャーナリストたちが集まり、ウィーンのカフェは作家たちが文学論を交わす場所になった。19世紀後半、ハンガリーはオーストリ… 続きを読む



ジェーン・オースティンの世界、プリム川を見下ろすソルトラムへ行ってみよう!

[2018/01/05] ディキンソン恵子

ピルグリム・ファーザーズの一団がメイフラワー号で新大陸に向かった港、そしてイギリス海軍の軍港があることでも有名な、イングランド南西部にあるプリマス。そのプリマスの側を流れるプリム川を見下ろすソルトラムは、ナショナル・トラストが所有、運営管理していている大邸宅の1つです。プリマス中心地から5〜6kmの高台に建つ広大な敷地は、散歩やピクニックにもピッタリ。庭園はほとんどが19世紀に造園されたものですが、18世紀のオランジェリーやフォリーなどの建物も残っています。 続きを読む



ナショナルトラスト管理のマナーハウスで英国庭園を愛で、アフタヌーンティーを頂く優雅な休日

[2017/08/15] マチルダ

英国では、寒い冬が明け、春や夏になると、太陽の光を求め、ピクニック、ドライブやハイキングに出かける人達をあちらこちらで見かけます。私もその一人で、天気の良い日には、車を飛ばし色々なところへ出かけます。そんな時、役に立つのがナショナルトラスト会員証です。英国のいたるところに点在したガーデンや自然、建物を保存、運営している団体がナショナルトラストです。年間パスは、約65ポンド程で、1年間無料で、団体の管理する施設の入場が無料の他、イベント等の冊子がもらえます。例えば、日本でも名の知れたハイドコートマ… 続きを読む



モダン・デザインを結集した博物館で現代デザインを体感!

[2017/07/11] ディキンソン恵子

内容が充実した美術館や博物館が数多く存在するロンドン。限られた時間の中で美術館や博物館巡りをするためには、場所や目的も選択肢の1つになるでしょう。20世紀以降の産業デザインに興味があるなら、デザイン・ミュージアムは外せません。以前はタワー・ブリッジのすぐ側、テムズ川沿いにあった博物館ですが、展示スペースを拡大するために、ケンジントン・ハイ・ストリートに移転。旧コモンウェルス・インスティチュート/英連邦協会の建物を大改築して、昨年秋に再オープンしました。 続きを読む



町並みが保存されたレイコック村に滞在したい人にオススメ!オールド・クラブハウスB&B

[2017/05/13] ディキンソン恵子

ウィルトシャー州のチッペナム近郊にあるレイコック村。素敵な美しい町並みは、まるで中世にタイムスリップしたように村ごと保存されているので、多くのテレビドラマや映画のロケにも利用されています。そんなレイコック村でゆっくり滞在したい人にオススメなのが、オールド・クラブハウスB&B。村の中心地からもすぐで便利、歴史あるレイコック村の中では珍しい新しい建物のB&Bで、快適な滞在が楽しめます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ロンドン、建物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。