「ローテンブルク」に関連する現地ガイド記事

「ローテンブルク」に関連する現地ガイド記事

ローテンブルクに関する現地ガイド記事を集めました。ローテンブルクの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ローテンブルクのクリスマス・マーケット

[2014/10/25] 沖島博美

 ローテンブルクは町の規模こそ小さいが知名度は非常に高くドイツ観光の人気ナンバーワン。有名なロマンティック街道のハイライトにもなっている。夏場に訪れるツアーが多いけれどクリスマス時期のローテンブルクは気候の良い夏場よりも魅力がある。晴れの日は少なく、どんより曇った灰色の日々が続く。夜の訪れは早く、午後4時ともなれば暗くなり始める。典型的なヨーロッパの冬だが、アドヴェント期間になるとこの暗さが効果的になる。薄暗い夕闇に灯る無数の明り。それはこの上なく美しい。アドヴェントは12月24日直前の日曜日か… 続きを読む



ジャーマンレールパスでめぐるゲーテ街道

[2011/11/16] Kei Okishima

街道ならばドイツ、と言われるように、ドイツには観光街道が多い。有名なロマンティック街道を始め、ワイン街道、宝石街道、ハンザ街道など、一つのテーマで町をつないだ街道がドイツにはたくさん。小さなものまで含めると、その数はなんと数十種類にも及ぶ。その中で日本でも知られている人気の街道は、ローテンブルクとノイシュヴァンシュタイン城を含むロマンティック街道、オーストリアとの国境にそって山沿いを走るアルペン街道、古城や宮殿を結んだ古城街道、グリム兄弟と童話をつなぐメルヒェン街道、地下から採取された塩をバルト… 続きを読む



町を救った市長のワイン飲み「マイスター・トゥルンク」の大ジョッキがある博物館へ行こう

[2011/10/07] Kei Okishima

三十年戦争の最中、プロテスタントの町だったローテンブルクはカトリック皇帝軍に攻め入られる。敵将軍ティリーは差し出された地元のワインを飲みながら叫んだ。「誰か、この3リットル入りの大ジョッキでワインを一息に飲み干す者あらば、町を焼かずにおこう!」と。受けて立ったのは年老いたかつて市長。ゆっくりと飲み干し、町は救われた。マルクト広場の仕掛け時計にもなっている有名な「マイスター・トゥルンク(市長のワイン飲み)」の史話。祭りの時は市民劇も行われて観光客に知れ渡っている。本当に3リットルものワインを一気飲… 続きを読む



町全体が舞台に 毎年恒例のお祭り「キンダーツェッヒェ」

[2011/07/13] Kei Okishima

新教、旧教二つの宗教が対立した30年戦争。この宗教戦争にまつわる史話はローテンブルクに有名な「マイスター・トゥルンク(市長の酒飲み)」があり、毎年5月のプフィンクステン(聖霊降臨祭)と9月の帝国都市祭りに市民劇が行われている。同じようにディンケルスビュールでも毎年7月半ばの10日間、町を挙げての「キンダーツェッヒェ(子供へのもてなし)」祭りが開かれる。新教のローテンブルクでは旧教の皇帝軍が攻め入り、旧教のディンケルスビュールでは新教のスウェーデン軍が攻めて来る。最大の見物は期間中の土日に市民が演… 続きを読む



待ちわびた夢のプチホテル、ローテンブルクに登場! 

[2010/12/10] Kei Okishima

相変わらず人気の高いロマンティック街道。その中心となる町、市壁で取り囲まれたローテンブルクは早くから日本でも知られる観光都市だ。町並み保存のため市壁の内部に大きなホテルを建てることができない。由緒ある歴史的ホテルもいくつかあるが、旅行者の多くはガストホーフ(レストランが営む宿)やホテル・ガルニ(レストランがなく宿泊客には朝食だけを出すホテル)に滞在している。そんなローテンブルクに2010年の夏、初めての高級プチホテルが誕生した。場所はマルクト広場からブルク門へ向かうヘレンガッセ。ヘレンは領主とい… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ローテンブルク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。