「ローテンブルク、ヤコブ教会」に関連する現地ガイド記事

「ローテンブルク、ヤコブ教会」に関連する現地ガイド記事

ローテンブルク、ヤコブ教会に関する現地ガイド記事を集めました。ローテンブルク、ヤコブ教会の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ガイドブックに載っていないローテンブルクを歩こう!

[2008/12/25] 西谷ゆうか

ローテンブルクの観光スポットと言えばマルクト広場を中心としたエリアがよく紹介されていますが、まだまだ見どころはたくさんあります! 城壁に囲まれたローテンブルク旧市街には、4ヶ所ある門をくぐって入ってくることになります。駅からはレーダー門(Roedertor)、駐車場P1からはシュピタール門(Spitaltor)、絞首刑が行われたことに由来するガルゲン門(Galgentor)、そして一番なじみのうすいのがクリンゲン門(Klingentor)ではないでしょうか。クリンゲン門周辺は観光客も少なく静かな… 続きを読む



ローテンブルクの旧市街からグルっと1周、街歩き♪

[2008/06/17] 西谷ゆうか

ローテンブルクの旧市街は今も城壁で囲まれていることで有名ですが、城壁の外はどうなっているんでしょう? 西側には新市街や駅などが、東側は眼下にタウバー渓谷(Taubertal)が広がっています。このタウバー渓谷はローテンブルクとは切っても切り離せない仲なんですよね。というのも、ローテンブルクの正式名称はRothenburg ob der Tauber「タウバー川の上にあるローテンブルク」なんですよ!! タウバー渓谷からローテンブルクを見上げるとこの町の正式名称の意味を実感できます。 続きを読む



トップラー・イヤー、今年のローテンブルクの楽しみ方

[2008/04/21] 西谷ゆうか

今年ローテンブルクを揺るがすハインリッヒ・トップラー(Heinrich Toppler 1408年没)とは一体誰なのでしょう?彼は、1373年から1407年までローテンブルクの市長を務めたKoenig Toppler(ケーニッヒ・トップラー)「ローテンブルクの王」とまで呼ばれる英雄なのです。そして、2008年の今年は町をあげてトップラー没後600年の記念祭が行われます。その核となるのが帝国都市博物館(Reichstadtmuseum)の中庭に新たに創設される野外劇場で上映されるトップラーが主人公… 続きを読む



GW明け、見逃せない歴史祭り<マイスタートゥルンク>

[2008/02/14] 西谷ゆうか

1631年三十年戦争、プロテスタント側についたローテンブルクは、ティリー将軍率いるカトリック軍に包囲され町は陥落、焼き払らわれる運命になり、市参事達の斬首刑が決定した。翌日宴の席で、ワイン庫管理人の娘が地元の特上ワインを3.25リットルも入る大杯になみなみと注いで差し出すと、ティリー将軍が「もしこの中でこの大杯いっぱいのワインを一気飲みできるやつがいたら、おまえ達の罪をすべて忘れてやろう」と言い出した。そこで市長のヌッシュが決死の覚悟で名乗り出て「カトリックもプロテスタントも神の前では皆兄弟。皆… 続きを読む



地元の人達が集まるワイン居酒屋に行ってみよう

[2008/01/28] 西谷ゆうか

ローテンブルクで一番大きな教会、聖ヤコブ教会の裏手にある、アルトフレンキッシェワインシュトゥーベは「古いフランケンのワイン居酒屋」という名を持つ、地元の人も集まって毎晩遅くまでわいわい賑わうワイン居酒屋です。ここはガイドブックにも紹介されるほどのお店で「予約した方がいい」と書かれていることも多いようですが、実際は「予約しない方がいい」です!予約の電話を入れると断られることが多く、逆に飛び込みで行くと予約と予約の合間のテーブルにうまく入れてくれることもけっこうあります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ローテンブルク、ヤコブ教会」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。