「ローテンブルク、菓子」に関連する現地ガイド記事

「ローテンブルク、菓子」に関連する現地ガイド記事

ローテンブルク、菓子に関する現地ガイド記事を集めました。ローテンブルク、菓子の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ローテンブルクのクリスマス・マーケット

[2014/10/25] 沖島博美

 世界で最もクリスマス市が盛んなドイツ。どんな小さな町でもクリスマスが近づくとマルクト広場に市が立ち、町の人々で賑わう。この時期、ドイツの旅は楽しい。行く先々で途中下車し、クリスマス市を巡るのも面白い。あるいは1つの町に2〜3日滞在してじっくりクリスマス気分を味わうのも良いであろう。マルクト広場に屋台が並ぶ光景は、最初はどこの町でも同じように見えるが、慣れてくると町ごとに異なっているのが判る。町によっては特別な名前が付けられたクリスマス市もある。有名なものではニュルンベルクのクリストキンドレスマ… 続きを読む



巨大な雪の玉?ローテンブルクに残る中世のお菓子を食べよう

[2009/08/21] Kei Okishima

おとぎ話の中に入り込んだような中世の町ローテンブルク。この町には夢に出てきそうな、ふんわりと膨らんだ不思議なお菓子“Schneeballシュネーバル”がある。シュネーバルとはSchnee雪、ball玉、で”雪の玉“という意味。雪の玉というと、子供の頃に遊んだ雪合戦の玉を連想させるが、それよりもはるかに大きく、軽やかだ。その大きさは見てびっくり!グレープフルーツ程ある。ローテンブルクの名物として親しまれているシュネーバル。その起源は中世にまでさかのぼる。 続きを読む



ささやかでロマンチックなローテンブルクのクリスマス(11月28日〜12月23日)

[2008/10/23] 西谷ゆうか

フランクフルト(Frankfurt)から特急で約2時間半、ロマンチック街道の中でも魅力溢れる町・ローテンブルク(Rothenburg.o.d.T)は、人口約1万2千人の小さな町。ロマンチックでかわいらしい町並みを見に、年間を通して町の人口の数倍もの観光客がこの町を訪れます。特にクリスマスシーズンは、ローテンブルクが一番賑やかになる時なんです。さて、ローテンブルクの2008年今年のクリスマスマーケットは11月28日17:00から12月23日まで。約1ヶ月間あるので、是非一度は足を運んでみてください… 続きを読む



ドイツで人気のBIO飲料ビオナーデが飲めるカフェに行こう!

[2008/09/17] 西谷ゆうか

今、ドイツで人気のビオナーデ(BIONADE)という炭酸飲料水をご存知ですか? ビオ(BIO)と名のつくだけあって、自然食品なんです。日本にもすでに上陸していると聞いています。ビオナーデは、バイエルン州にあった破産寸前のビール会社の失敗作から偶然生み出された炭酸飲料水。しかも単なる炭酸飲料水ではなく、ビールと同じように麦芽を発酵させて造るそうで、マグネシウムとカルシウムが豊富な上に低カロリーなんだそうです。味はKreuter(ハーブ)、Ingwer-Orange(ジンジャーオレンジ)、Litsc… 続きを読む



小さな町で美しい城を探す〜ドイツ古城街道の旅〜

[2008/09/04] Kei Okishima

マンハイムからバイロイトまで、南ドイツを横断するように西から東へ走って行く「ドイツ古城街道」には、可愛らしい町、美しい城がたくさんある。観光客がどっと押し寄せて込み合うような大人気の町や城は少ないが、この辺りを歩くと「こんなところに、こんな素晴らしい町や城があったのか!」と感激することしばしばだ。古城街道でもハイルブロンからローテンブルク手前まではホーエンローエ地方と呼ばれ、ホーエンローエ侯爵ゆかりの町や城がある。その中でシュヴェービッシュ・ハルから北へ約20キロのランゲンブルクはローテンブルク… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ローテンブルク、菓子」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。