「ローテンブルク、食べる」に関連する現地ガイド記事

「ローテンブルク、食べる」に関連する現地ガイド記事

ローテンブルク、食べるに関する現地ガイド記事を集めました。ローテンブルク、食べるの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

巨大な雪の玉?ローテンブルクに残る中世のお菓子を食べよう

[2009/08/21] Kei Okishima

おとぎ話の中に入り込んだような中世の町ローテンブルク。この町には夢に出てきそうな、ふんわりと膨らんだ不思議なお菓子“Schneeballシュネーバル”がある。シュネーバルとはSchnee雪、ball玉、で”雪の玉“という意味。雪の玉というと、子供の頃に遊んだ雪合戦の玉を連想させるが、それよりもはるかに大きく、軽やかだ。その大きさは見てびっくり!グレープフルーツ程ある。ローテンブルクの名物として親しまれているシュネーバル。その起源は中世にまでさかのぼる。 続きを読む



ドイツ伝統のVesperplatte(フェスパープラッテ)を食べる

[2008/11/19] 西谷ゆうか

ドイツと言えばソーセージ!! 本当に色んな種類のソーセージがあります。日本ではまとめてハムと呼んでいるものもここではソーセージ(Wurstヴルスト)と呼ばれています。これをパンにのせて食べるのがドイツ人の大好物なんです! ドイツでは、Warmessen(ヴァームエッセン「温かい食事」)とKaltessen(カルトエッセン「冷たい食事」)というカテゴリーがあって、1日のうちでWarmessenは1回だけ、というのが伝統なんです。温かい食事=贅沢という感覚があるようで、昼間に温かい食事を食べて、朝と… 続きを読む



吹きぬけ天井からの光を浴びながら「バウマイスターハウス」でカフェタイム

[2008/09/30] 西谷ゆうか

ドイツの飲食店は、インビス(Imbiss ファーストフード)、レストラン(Restaurant)、クナイペ(Kneipe 居酒屋)、カフェ(Cafe)、コンディトライ(Konditorei 自家製ケーキ屋)に分けることができます。おいしいケーキを食べるならばやっぱりコンディトライ! カフェも併設されているところが多いので、色んな自家製ケーキをショーケースから指差しで選んで席に着きましょう。ローテンブルクでは、カフェとレストラン、コンディトライが一緒になったタイプの飲食店が多いので、どこのお店も朝… 続きを読む



現地でしか飲めない?!玉葱ケーキと一緒に“新ワイン”で乾杯

[2008/09/01] 西谷ゆうか

ドイツのワイン産地では、毎年9月〜10月にかけてフェーダーヴァイサー(Federweisser)という新ワインが出回ります。発酵途中のワインのことで、まだブドウジュースのような味で、ついがぶがぶ飲んでしまいがちですが、なんせ発酵してるので酔いが回るのは早いです。飲みすぎに注意!! 昨年は暖かかったので早いところではもう8月からレストランやスーパーで新ワインを見かけたのですが、今年はどうでしょう? 毎年この時期になるとフランケンワインの産地、ここローテンブルクでもレストランに「Federweiss… 続きを読む



ドイツのじゃがいもが旨い!その名も「じゃがいも亭」で舌鼓

[2008/07/29] 西谷ゆうか

「ドイツ人といえばじゃがいも」「じゃがいもといえばドイツ人」といっても過言ではないくらいにドイツの人達はじゃがいもが大好きです。ドイツではじゃがいもをおかずとしてではなく、ごはんやパン、パスタと同じように主食として食べるので、家にじゃがいものストックがなくなると不安だというドイツ人も少なくないとか…。確かに、ドイツのじゃがいもは、ただ茹でただけのものでもおいしいです!! ドイツへ旅行すると一度は必ず口にするじゃがいもを、この際思いっきり楽しく食べてみませんか? そんな夢を叶えてくれる「じゃがいも… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ローテンブルク、食べる」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。