「ローマ、パトラ」に関連する現地ガイド記事

「ローマ、パトラ」に関連する現地ガイド記事

ローマ、パトラに関する現地ガイド記事を集めました。ローマ、パトラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

海の街パトラを散策!

[2009/08/20] アリサンドラトゥー芳香

パトラは、ギリシャ国内でアテネ、テッサロニキに続く第3の都市です。といっても日本人の感覚では小さな海の町。昔からギリシャとイタリアを結ぶフェリーの発着地として栄えていて、現在はさらに大きく近代的な港の建設が進んでいます。船でパトラに近づいていくと目だつのが、海に面して建つ聖アンドレアス(聖アンドリュー)教会や、高台の要塞跡。パトラはキリストの12使徒の一人、聖アンドレアスが殉教した聖地としても知られていて、教会は観光名所のひとつです。パトラは、オスマン朝トルコのギリシャ占領時代などにひどく破壊さ… 続きを読む



イタリアへの玄関港パトラに、新しい観光スポット!

[2009/08/07] アリサンドラトゥー芳香

女優であり文化大臣でもあったメリーナ・メルクーリのプロジェクトが実現して話題を呼んでいる、アテネの新アクロポリス博物館は2009年6月20日に開館! パルテノン神殿の大理石をとうとうイギリスが返還へと動き出すのか、と世界中の注目が集まっています。このようにギリシャでは新しい博物館の建設が各地で進んでいますが、同じメリーナ・メルクーリのプロジェクトの一つ、パトラの新考古学博物館もとうとう2009年7月24日に開館式典が執り行われました。新アクロポリス博物館も今年一杯は入館料がたったの1ユーロですが… 続きを読む



古代から産地として有名なエーゲ海で、天然の海綿をGETしよう!

[2009/05/18] アリサンドラトゥー芳香

日本ではちょっと高くて、なかなか普段使いはできない天然の海綿。ギリシャのエーゲ海は、古代から海綿の産地で、今でも安く海綿が手に入ります。古代ギリシャで海綿がどう使われていたかは、ホメロスの「イリアス・オデュッセイア物語」でもみることができます。例えば、へーパイストスが身体を海綿で洗う……という記述。そして、イタカ島に戻ってきたオデュッセイアが、ペネロペの求婚者たちを討ち果たしたあと、血にまみれた広間を掃除させるシーン。ここでは、女中たちが食卓や椅子を水と海綿で洗い清めます。このように、現代と同じ… 続きを読む



古代ギリシャの知の象徴、フクロウの小物がお土産にお勧め!

[2009/05/11] アリサンドラトゥー芳香

趣のあった、ギリシャのドラクマ貨幣は去ってしまいましたが、ユーロになってからも、コインのデザインはギリシャらしいものが刻まれています。ギリシャに入国したら、ちょっと1ユーロ貨幣に目を留めてみてください。その模様はフクロウなんです。古代ギリシャで覇権を誇っていた、国家都市アテナイ(現アテネ市)では、知性や学問の女神アテネが守護神とされていました。その女神アテネの従者が、知の象徴とされていたフクロウです。古代ギリシャの勢力が衰えた後も、古代ローマにおいて、学芸の神アテネはローマの神ミネルヴァ、その従… 続きを読む



6年後完成予定の新高速道路「オリンピア道路」がぺロポンネソス半島の旅を変える!

[2009/03/05] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャでは、2004年のアテネ・オリンピックの際に大きな道路工事や地下鉄工事が進みました。ほんの10年前の町並みを忘れてしまうほど、ギリシャの風景はすごいスピードで変化し、近代化が進んでいます。そして、その変化はアテネだけにとどまらず、新しい計画の進行する地方にも広がっています。その一つは、既にほぼ完成している高速道路「エグナティア道路」。古代ローマ時代、アドリア海を越えてローマとギリシャ、コンスタンティノープルを結んでいた戦略上、そして商業上も重要であった古代の道、「エグナティア通り」にちな… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ローマ、パトラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。