「ワイン、中国」に関連する現地ガイド記事

「ワイン、中国」に関連する現地ガイド記事

ワイン、中国に関する現地ガイド記事を集めました。ワイン、中国の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京の新しいムーブメント「ブックカフェ」で旅の時間を

[2018/04/28] 原口純子

北京には、今、日本の「代官山蔦屋書店」のようなブックストアとカフェが一体化したスペースがどんどん増えています。2010年代の前半には、北京の書店もネット文化の隆盛におされて閉店が続いていましたが、近年、政府が書店の政策的サポートを開始しています。書店がショッピングモールなどにテナントとして入る場合は政策的な支援としてテナント料がかなり優遇されるようになりました。この施策の結果、商業スペースに大型のブックカフェが生れ、旅行者にも心地よい空間となっています。もちろん旅行者の休憩スポットとしてもじゅう… 続きを読む



シャスラワイン? 日本では入手が難しいスイス産ワイン290種が揃う店 テイスティングもどうぞ!

[2018/04/26] 岩澤里美

意外かもしれませんが、スイスでもワインを生産しています。全国に、1800近いワインメーカーがあります。ほとんど地産地消で、輸出はたった1〜2%です。産地は、アルプスの少女・ハイジの舞台となったマイエンフェルト村、チューリヒ湖沿いの地域、南部地方などで、とくに西部のレマン湖沿い一帯で作られる、シャスラ葡萄を使った白ワイン「シャスラ」は希少です。というのも、フランスやドイツなどでは、土壌の関係でワインに向いたシャスラ葡萄が育たないため、おいしいシャスラワインが作れるのは、いまのところ世界でここだけな… 続きを読む



冬の街を光で彩る☆アムステルダム・ライトフェスティバル

[2018/02/02] テメル華代

アムステルダムでは年に一度、年をまたいでアムステルダム・ライトフェスティバルが開催されています。2017年で6回目を数え、近年は年末年始の風物詩になりました。中心街のあちらこちらに光のアート作品が設置され、クリスマスや新年のイルミネーションとともに冬の街を明るく彩ります。作品はオランダ国内外のアーティストやデザイナー、建築家から募集され、フェスティバルの審査員により選定されます。2017-2018年のテーマは 'Existential' 。世界93カ国から1800点の応募があり、40点が選ばれま… 続きを読む



雑貨・コスメ・屋台・レストラン・スイーツ・プレイグランドが集まった【MAJIMAJI集食行楽】へ行こう♪

[2017/08/10] 中園 まりえ

地下鉄淡水線「圓山駅」前に広がる【MAJIMAJI集食行楽】。花博が行われた跡地に、台湾マルチタレント「ハーレムユー」が友人デザイナー「葉裕清」と共に、「大人の遊園地」をテーマにデザインした施設だそうで、至る所に遊心が感じられます。施設内には、文化・音楽・グルメ・農産品・アートなどあらゆるジャンルのお店が約50店舗立ち並んでいます。具体的には、自然派スーパー「神農市場」、昼~夜まで楽しめる「屋台」、各国「レストラン」、かき氷で有名な「ICE MONSTER」、ベーグル専門店「好,丘」、「LEGO… 続きを読む



ガストン・アクリオの中華料理店「マダム・トゥサン」

[2016/12/28] 原田慶子

ペルーを代表するシェフ、ガストン・アクリオ。1994年にオープンしたレストラン「ASTRID Y GASTON(アストリッド・イ・ガストン)」を皮切りに、さまざまな料理ジャンルに進出。現在国内外に11のコンセプトで約50店舗を経営する料理界のスーパースターだ。そのガストンが初めて手掛けた中華料理店が、「MADAM TUSAN(マダム・トゥサン)」。2011年にリマ市ミラフローレス区で第一号店をオープン、以降ペルーとコロンビア、チリの3か国に6店舗を展開。庶民的な印象が強いこれまでの「CHIFA(… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ワイン、中国」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。