「ヴァシローピタ」に関連する現地ガイド記事

「ヴァシローピタ」に関連する現地ガイド記事

ヴァシローピタに関する現地ガイド記事を集めました。ヴァシローピタの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ギリシャらしい冬の過ごし方を体験!

[2011/11/27] アリサンドラトゥー芳香

新年のお祝いには、ヴァシローピタと呼ばれるケーキをきるのが恒例となっています。滞在ホテルでもお客さんに振舞われるかもしれません。夜中にカウントダウンしたあと切ってみんなで食べたり、職場では、仕事始めの日に特大ヴァシローピタを同僚みんなで切り分けて食べたりします。年末のギリシャのケーキやさんに並んでいる定番のお菓子は、上にチョコなどで「新年おめでとう!」などと書かれてあるヴァシローピタ、粉砂糖いっぱいのクッキー「クランビエデス」と蜂蜜のシロップに浸された「メロマカロナ」など。この時期にしか食べられ… 続きを読む



ギリシャ風年末年始を体験!

[2010/11/25] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャの年越しは、カウントダウンをしてにぎやかに過ごします。夜遅くにご馳走を囲んで大家族で食事を楽しみながら、一緒に年を越す家族もいれば、着飾った人々でにぎわうディナーパーティに出かける人々もいます。その後は、夜明けまでナイトライフを楽しむのを恒例にしている人々も多いです。ギリシャで新年を象徴するものといえば、大みそかの夜にプレゼントを持ってきてくれる、ギリシャ版サンタクロースの「アイ・ヴァシリス」。そして、同じ大みそかの夜に切る新年のケーキ「ヴァシローピタ」です。「ヴァシローピタ」には、コイ… 続きを読む



ギリシャの新年の過ごし方、そして…かかせないケーキ「ヴァシローピタ」を切る!

[2008/01/15] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャの新年の儀式のようなものといえば、ヴァシローピタと呼ぶケーキを切ること! このケーキ、家の大黒柱であるお父さんが切るのが伝統で、最初の一つ目はキリストに、二つ目はその大黒柱のお父さん本人へ、三つ目は貧しい人々に、などと切り分ける手順が一応あります。なんだか日本で仏壇にお供えするのに似てますね! 会社などでも仕事始めにこのケーキを切る習慣があります。ケーキはバターと小麦粉がたっぷりのどっしりした生地に粉砂糖がかかっていて、上には新年おめでとうなどと書かれています。この時期にギリシャを旅行す… 続きを読む



やみつきになる味!ギリシャの濃厚なヨーグルトと蜂蜜のコンビ

[2007/08/23] アリサンドラトゥー芳香

面白いことに、お肉料理から乳製品まで、羊のものがよく食べられているのです。日本ではジンギスカンの料理でちょっと匂いが気になる印象がありますが、ギリシャでは子羊のお肉を食べているので、全然くさみがなく、とびっきりのごちそう。値段も他のお肉より高めです。店頭ではバターやヨーグルトなどの乳製品は、牛のミルクからのもの、羊のミルクからのものの両方がたくさん並んでいて、知らないと間違えてしまいます。買うときは注意してください。羊のミルクからできたバターは、新年を祝う時のヴァシローピタというケーキを代表とし… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ヴァシローピタ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。