「下町の風景」に関連する現地ガイド記事

「下町の風景」に関連する現地ガイド記事

下町の風景に関する現地ガイド記事を集めました。下町の風景の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

香港街歩き・新旧探訪を楽しむ上環

[2014/11/29] 宮 江梨子

ウェスタンマーケットから西側は、昔と変わらぬ海鮮物の干物や漢方薬を扱う問屋街。トラム沿いのにぎやかな下町の風景は、昔の香港を彷彿とさせてくれます。また、Bridges StにあるYMCA、Ladder St.にある美しい赤レンガの香港医学博物館や香港最古の道教寺・文武廟など、上環には歴史的な建物もいっぱいなので、歴史めぐりも良さそう。ちなみに、変わったところで興味深いのは、問屋街近くのQueen's Road沿いにある葬儀関連のお店。あの世で快適に過ごせるようにと、お金、宝石に家やペットまで紙で… 続きを読む



レトロなトラムの二階から楽しむ香港の景色

[2008/07/07] 宮 江梨子

トラムに乗ったら、ぜひ2階へ。そしてできることなら、180度+αの視界を楽しめる一番前の特等席をゲットしましょう! 少し高い視点で眺める香港の街は、街歩きとはまた違った面白さ。それに視点が高いと、何となく気分もいいから不思議なもの(笑)。狭い道路でトラム、車、人が混戦模様になっている下町の風景、摩天楼の谷間を(しかも道路のど真ん中を)堂々と走り抜ける爽快感。スピードはそれほど速くないですが、時間をフレキシブルに使える旅行者だからこそ、のんびりと風景を眺める楽しさを味わって欲しいもの。トラムからの… 続きを読む



北京の歴史ある横丁「胡同」、話題の「南鑼鼓巷」へ歩こう

[2007/09/27] 原口純子

この南鑼鼓巷、なぜ、下町の風景にまじって、カフェなどがあるのかといえば、この通りは、北京のバックパッカー(中国語では背包族)カルチャーの発祥地なのです。通りには、バックパッカー族には有名な「過客」というカフェ・バーがあります。このバー、自転車で中国中をまわっていたオーナーが旅を終えて99年に開いたお店(住所は南鑼鼓巷108号、通りの東側)。やがて、海外のガイドブックなどにも紹介されて、中国のみならず、世界中のバックパッカーが集まるようになり、そうした彼らに向けて、欧米人も楽しめるカフェやレストラ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 下町の風景」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。