「世界三大」に関連する現地ガイド記事

「世界三大」に関連する現地ガイド記事

世界三大に関する現地ガイド記事を集めました。世界三大の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

今が旬 贅沢な黒トリュフを市場で買い味わい尽くす旅

[2018/01/21]

キャビア・フォアグラと共に世界三大珍味の一つとして有名なトリュフ。黒いトリュフは「黒いダイアモンド」と言われており、高級料理には欠かせない食材で、祝い事に出される料理に華を添える存在です。高価にも関わらず、独特の風味の虜になる人が多いそうです。生息地としては主にカシやブナの根元の土の中で育つキノコで、一般的には暑く乾燥した気候を好みます。フランスではプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏にあるオプスという町で黒トリュフが採れます。黒トリュフは、通常冬に成熟し、11月下旬から3月中旬に収穫… 続きを読む



アンガスビーフ100%!絶品バーガーショップ『THE BUTCHER』

[2017/11/26] テメル華代

THE BUTCHERのハンバーガーの魅力は選び抜かれた素材です。パティには世界三大品種に数えられる、最高品質のアンガスビーフのみを使用し、ハーブや野菜の新鮮さにもこだわっています。ホームメイドのバンズはセミブリオッシュで、ほのかな甘みが牛肉の風味を引き立てます。看板メニューは、牛肉の旨味が詰まった肉厚ジューシーなパティと、グリルドオニオン、新鮮なトマト、レタス、ピクルスを重ねて特製ソースをかけ、ふわふわのバンズでサンドする『The Butcher(8.95ユーロ)』です。エダムチーズを追加した… 続きを読む



ペルーは南米のフルーツパラダイス!その1

[2015/10/25] 原田慶子

まずは「世界三大美果」の一つ、「CHIRIMOYA(チリモヤ)」から。アンデス原産のこの果物は、ビタミンBの宝庫。白く透明感のある果肉はアイスクリームのようにクリーミーで、甘味と酸味のバランスが絶妙。その味は「マンゴーとパイナップルとイチゴを併せたような」とも、「バナナとパイナップルを足したような」とも表現される。また中南米に広く自生する「GUANABANA(グァナバナ/サワーソップ)」も、チリモヤに似た味で美味しい。チリモヤより水分が多く値段も手頃なためか、アイスクリームやジュース、ジャムなど… 続きを読む



これからの時期におすすめ!アートの街Barranco

[2013/11/15] 原田慶子

アートもいいが、もう少し身近に使える品々をという向きには、「PORTICO (ポルティコ)」がオススメ。ベビーアルパカのニットやマフラーを始め、洒落たバッグや小物類などを豊富に取り揃えている。世界三大コットンのひとつであるピーマ綿を使ったTシャツは、まるで絹のような肌触り。ベビーアルパカとシルクを織り合わせたショールは軽いのにとても暖かく、季節を問わず重宝する一品だ。一方、オーガニックのチョコレートやコーヒー、アンデスの塩などの食品類は、価格も手頃でお土産にもぴったり。日本人女性がオーナーなので… 続きを読む



ラテンアメリカ一の巨大繊維問屋街、ガマラ探訪

[2012/06/17] 原田慶子

リマ市ラ・ビクトリア区に広がる巨大繊維問屋街「Gamarra(ガマラ)」は、中小卸問屋から小売業、縫製業まで、衣料繊維に関するありとあらゆる業種が2万件以上集まるラテンアメリカ一の衣料センター街。「ペルーファッションはガマラから始まる」とさえ言われている。かつては危険な地区の代名詞だったガマラだが、行政による無許可営業のアンブランテ(露天商)撤廃や警備員増強策によって治安も随分改善されてきた。安価だが低品質といった商品ではなく、世界三大綿花の一つピマコットンやアルパカ毛など、ペルー原産の最高級素… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 世界三大」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。