「仏教」に関連する現地ガイド記事

「仏教」に関連する現地ガイド記事

仏教に関する現地ガイド記事を集めました。仏教の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ダラットでSLに乗って田舎旅

[2019/07/08] 古川 悠紀

チャイマット村に到着したら、帰りのSLの時間まで(約1時間半)村中を散策することができます。ほとんどの人は観光名所にもなっている大規模な仏教寺院を目指すのですが、その道中の素朴な田舎風情も見逃してはいけません。いまだ活気に満ちている市場や個人商店、オープンカフェなど、ベトナムらしい風景が広がっています。ちなみに帰りも同じ列車に乗って帰りますが、くれぐれも遅れないようにしましょう。列車は定刻発車で、乗務員が点呼をとることはありません。 続きを読む



絶景の聖地。ミャンマーの土着信仰「ナッ神」の総本山・ポッパ山をきわめよう!

[2019/07/07] 板坂真季

ミャンマーは仏教国といわれますが、日本人が仏教と神道をごちゃ混ぜにしているのと同様、ミャンマーでも土着信仰であるナッ神信仰が仏教と融合する形で残っています。そのナッ神の総本山がポッパ山です。ほとんどの人がバガンから車をチャーターして訪れると思いますが、ポッパ山が最も美しく見えるポイントは、車で到着する少し手前になります。簡素な造りの記念写真撮影店があるので、それが目印です。対岸のポッパマウンテンリゾートからも、山々の狭間にそそり立つポッパ山の全景が望めます。ただしこちらは、望遠レンズ必須です。 続きを読む



心洗われる尊い時間! インスタ忘れる早朝の景色

[2019/06/15] 岩佐 史絵

大都会バンコクや美しいビーチ、リゾートのイメージが強いタイですが、敬虔な仏教徒が多いことでも知られ、どの都市にも多くの寺院が点在しています。訪れてみると、お参りをする地元の人々の多さに驚くことでしょう。お年寄りだけでなく、若い人でもまじめにお参りに来る人も多いのです。 そんなタイで、このところツーリストにも人気なのが、朝の托鉢見学です。「托鉢(たくはつ)」とは、街角などで食べ物や生活必需品を乞う仏教の修行のひとつで、タイでは毎朝、地元のお寺からやってくる僧に人々がお布施をします。お坊さんにお布施… 続きを読む



ハノイでプチリゾートに浸る「タイ湖」を散歩

[2019/03/03] 古川 悠紀

こちらもタイ湖東部に建つ寺院。周辺には現地人が足しげく通う食堂と屋台が並ぶ一角があり、ハノイ名物のバイントムやフォーオックなどを食べることができます。西湖府は18世紀後半に建てられたという説が有力ですが、現存している門と本堂はいずれも20世紀初頭に修繕されています。西湖府に祀られているのは"聖母"と"女神"であることから、こちらが鎮国寺と異なり、道教の寺院であることが分かります。ベトナムでは道教と仏教は区別されないことが多いですが、こちらには仏教の菩薩や釈迦は祀られていません。旧正月には鎮国寺同… 続きを読む



東南アジア最大級の中華寺院といえばペナン島の極楽寺ケックロックシー

[2019/02/23] カナン・キリ

首都クアラルンプールから北へ飛行機で約1時間、ペナン島はアンダマン海に浮かぶマレーシア屈指のリゾートとして国内外から多くのツーリストが訪れます。数ある観光スポットの中でその壮大なスケールと島内の眺望で知られるのがマレーシア最大級の仏教寺院ケックロックシー(極楽寺)。世界遺産の街ジョージタウン西にほど近いアイルイタム丘陵に築き上げられたのは佛堂や仏像、仏塔などが、広大な敷地に宝石のように点在する光景は圧巻です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 仏教」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。