「個分」に関連する現地ガイド記事

「個分」に関連する現地ガイド記事

個分に関する現地ガイド記事を集めました。個分の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

家族全員で楽しめる!「生きた」博物館で高地砂漠を体験学習

[2017/07/05] Rika Higashi

ベンド市街地から国道97号線(Highway 97)を15分ほど南に行くと、高速道路沿いに「ハイデザート博物館(High Desert Museum)」の135エーカー(東京ドーム約11.7個分)という広大な敷地が広がっています。「博物館」と聞くと、館内の学術的な展示が中心だと思う方もいるかもしれませんが、ここは体験型の「生きた」博物館。セントラルオレゴンの自然、歴史的な出来事、文化や伝統に焦点を当てていて、動植物の観察、開拓時代の生活体験、ネイティブアメリカンの文化紹介など、子供からシニアまで… 続きを読む



LAの食文化がわかる話題のマーケット

[2017/06/14] 大山真理

おすすめは、肉屋とレストランを併設した「BELCAMPO MEAT CO.(ベルキャンポ・ミート・カンパニー)」。ここでは、カリフォルニアの北にあるシャスタ山ふもとの牧場で、自分たちで育てた肉を出してくれる。しかも、牧場は、東京ドーム約870個分もの広さ。ここで、放牧で草(通常の飼料は、遺伝子組み換えのトウモロコシなど)を食べて育ったオーガニック牛だから、とってもヘルシーだし安心。人気は、有名な料理評論家が「町一番のハンバーガー」と評価した「Belcampo Burger(ベルキャンポ・バーガー… 続きを読む



本場デンマークのレゴランドに行ってみよう!2017年はWORLD'S TALLEST、ニンジャゴー・コテージがオープン

[2017/06/01] MizukiPoulsen

レゴが生まれたデンマークのビルン。世界初のレゴランドは今でもその街にあるのをご存知ですか?レゴの工場の近くに宣伝用のためにレゴブロックの公園が作られたのが始まりです。現在は、45エーカー(東京ドーム約4個分)の1日たっぷり楽しめる子供向けのレゴ遊園地となりました。デンマークへ旅行される家族におすすめです! 続きを読む



フィンランド航空のビジネスクラスを利用するべき7つの理由

[2016/06/30] 靴家さちこ

ビジネスクラスを利用するメリットは、ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用でき、超過手荷物料金が1個分無料になり、優先セキュリティレーンが利用できるだけでなく、フィンエアーラウンジの利用ができるというものです。それによって、空の旅にはつきものの、空港での待ち時間や、既定の重量を越えないように荷物を詰め込むストレスがぐんと軽減されます。とりわけラウンジは、おしゃれなインテリア空間で、無料のネット環境と食事やシャワーなどが使え、出発前や乗り継ぎの空き時間をゴージャスに盛り上げてくれます。 続きを読む



作家ソローが暮らしたウォルデン湖

[2016/05/20] 内田よしえ

ボストンから北西へ車を約30分ほど走らせたところにあるウォルデン湖。335エーカー(東京ドーム約28個分)もの広さがある湖の水は澄んでおり、周りの木々は新緑の季節には緑が美しく、秋には紅葉が美しい、自然豊かな湖です。休日には近隣の人達が訪れ、整備された遊歩道でハイキングを楽しんだり、湖でボートや釣りなどを楽しんだり、夏には水泳や日光浴を楽しんだりしています。そんな人々の憩いの場となっているウォルデン湖ですが、実はこの湖、19世紀に作家ソローが暮らしていたことでも知られる湖なのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 個分」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。