「写真」に関連する現地ガイド記事

「写真」に関連する現地ガイド記事

写真に関する現地ガイド記事を集めました。写真の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンデス初の統一国家ワリ帝国の遺跡

[2018/02/10] 原田慶子

アヤクチョの北東、キヌア村へ向かう途中にあるワリ遺跡には、ツアーのほかローカルバスでもアクセスできる。入り口を通ってすぐ目につくのが、「MUSEO DE SITIO WARI(ワリ付設博物館)」だ。館内には遺跡の全体図と火山岩でできた石彫、青銅製の副葬品や陶器、ミイラなどが展示されている。写真は儀式に使用されたと思われる陶器の鉢で、上部に神話上の動物が連続して描かれている。儀式に使用された壺や鉢の多くは、儀式終了後粉々に割られてから埋められていた。二次的な使用を避けるためか、儀式の完遂に必要な行… 続きを読む


ベトナムの古都フエ観光

[2018/02/08] りんみゆき

大人にとっては魅力的な古都は子どもにとっては退屈になりがちですが、フエの古都は子どもも楽しめます。フエは日本から直行便が就航しているダナンから85キロ、車で約1時間半のところに位置しており、アクセスも比較的便利。古都フエはベトナム最後の王朝グエン朝の王宮があることで有名です。1960年代のベトナム戦争で多くは破壊されてしまったため、残っているのは一部。王宮のまわりをシクロで一周したり、王宮内では王様やお妃さまの衣装を着て記念撮影もできます。王座に座って、気分は王様。大人115,000ドン、子ども… 続きを読む



冬の街を光で彩る☆アムステルダム・ライトフェスティバル

[2018/02/02] テメル華代

フェスティバルではガイドツアーが実施されているほか、オフィシャルブックにも各作品の詳しい情報が掲載されています。写真に興味のある方は、オフィシャルパートナーのPhotothemaが開催している夜景撮影ワークショップに参加してみてください。初心者向けから上級者向け、キッズコースもあります。アーティスト、デザイナー、建築家の方々は、来年以降のフェスティバルに応募することも可能です。2017年は、シンガポールを拠点に活動されている建築照明デザイナーの菅又健雄さんや、「空間の知覚」と「体性感覚の変容」を… 続きを読む



ドイツ最古の石橋は今

[2018/01/26] 吉村 美佳

長い工事の期間中に、偶然レーゲンスブルクにお越しになった方は非常に残念な思いをされたことでしょう。でも、やっと、レーゲンスブルクの象徴であるシルエットに、うっとりする日が戻ってくるわけです。旧市街をドナウの北岸から眺めた写真、ドナウ川とそこにかかる石橋、その奥にたたずむ大聖堂。ここでこそ、象徴的な絵葉書のような写真が撮れるのです。冬の夜のライトアップした風景も、夏の夕やみも、素敵です。地元の写真愛好家も、三脚を持って出掛けています。海外旅行に出掛けたいけど、まだ行き先が決定していない方、是非是非… 続きを読む



グアムでご飯に困ったときはココ! 24時間営業の穴場コーヒーショップ

[2018/01/22] NEMO

店内はカウンターとテーブル席の定食屋みたいなお店ですが、併設されたBARエリアはビリヤード台やジュークボックスが置かれとてもノスタルジック。昼からビールを飲む人や夜はビリヤードを楽しむ人で賑わっています。ちょっと古い映画のセットのようなこの空間はどこで写真をとっても絵になるおと間違いナシ。コーヒーは2USD(約225円)、ソフトドリンンクは1.5USD(約170円)とこれまたリーズナブルなので、お茶しながらSNSにUPしたくなるような1枚を取ってみてはいかがですか? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 写真」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。