「写真」に関連する現地ガイド記事

「写真」に関連する現地ガイド記事

写真に関する現地ガイド記事を集めました。写真の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モロッコに絵本の世界!ブルーシティのシェフシャウエン

[2017/10/31] りんみゆき

旧市街のメディナでは広場以外はレストランやカフェはあまりありませんが、撮影の人気スポットのEl Asri通り近くにあるジャスミンカフェでは青い路地の世界を満喫できます。目印はカフェの反対側のデコレーション。黄色やピンクの小さな鉢植えが連なっています。壁にはお客さんポラロイド写真のメッセージが飾ってあり、いろんな国の人が訪れたのがわかります。おすすめのモロッコ朝食セットはモロッコのパン3種類と特産のヤギチーズとオリーブ。気さくなオーナーとおしゃべりしながら、ゆっくりとしたひとときを過ごすのに最適で… 続きを読む



観光客になじみの薄い15区にあえて行ってみよう

[2017/10/24] 竹内真里

メトロ12号線のPorte de Versaillesを下車し、Rue de Vaugirardをしばらく進むと、前方に歩道橋のようなものが見えてきます。これが15区にある全長1,5キロのPetite Ceintureです。うっかりすると通り過ぎてしまいますが、歩道の少し奥まった右側に入り口の階段があり、上ると写真のような遊歩道が広がります。この線路はその昔、1852年から1869年の第2帝政時代にぐるりとパリを囲むように造られ、全長は36キロありました。1934年までは人を輸送し、1970年代… 続きを読む



まるで一つの小さな町であるかのようなプラハ城

[2017/10/10] 岸 博美

大聖堂を出て第三の中庭を抜けると右手に旧王宮が、正面に聖イジー教会がある。教会の隣は修道院だった建物で現在は美術館。そこから道はゆるやかな下り坂となり、左に入っていくとかの有名な「黄金の小道」がある。フランツ・カフカが仕事部屋として借りていたのは22番の水色の小屋。そこの前では多くの人が写真を撮っている。現在は書店で、チェコ語、ドイツ語、英語で書かれたカフカの作品が売られている。これらの可愛らしい小屋は城の番兵たちが寝泊まりする場所だった。「黄金の小道」と呼ばれているのは、ルドルフ二世の時代に錬… 続きを読む



ホーチミンの外れにある人気観光エリア「カンザー」

[2017/09/28] 古川 悠紀

カンザーに行く道中は、車の車窓からのどかな風景を見ることができます。カンザーは同じホーチミン市内に位置しているものの、高層ビルはおろかショッピングセンターもコンビニもない昔ながらのベトナムの風景が広がっています。写真のこちらは塩田。マングローブの森に行く道中に広大な塩田地帯を通ります。日干しで塩を採取する昔ながらの方法で、ベトナムでは家族経営がほとんど。海水を田に流し込み、鍬で塩山を作る作業をうかがうことができます。 続きを読む



世界一が多いドバイ!で世界一体験と砂漠ツアー

[2017/09/26] りんみゆき

個性的なモダンなビルが建ち並ぶのは実は一部だけ。車で数十分行くと、そこは砂漠の入り口。砂漠サファリツアーの開始時間は暑さが少し落ち着く午後4時ごろから。ドライバーガイドさんが車内の天井やドア上にハンドルがついた4WDでホテルにお迎えに来てくれます。シートベルトをしっかりと締めて、いざ砂の世界へ。砂の間をころがるように走って進む車の中では、自分がころがらないようにと必死にハンドルにつかまるお客さん。レールのないジェットコースターに乗っているようでスリル満点。途中砂漠の真ん中で降りて写真撮影タイム。… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 写真」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。