「写真」に関連する現地ガイド記事

「写真」に関連する現地ガイド記事

写真に関する現地ガイド記事を集めました。写真の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アイゼナハ観光にお薦めのホテル、シュタイゲンベルガー・テューリンガーホーフ

[2017/02/16] 沖島博美

ホテルの目の前、カール広場の中央には大きなルターの銅像が立っている。市民は見慣れているので気にも留めないが観光客らしき人は盛んに写真を撮っている。カール広場から旧市街の中心マルクト広場へ通じる歩行者専用のカール通りがあり、ここにはショップが並んでいる。マルクト広場へ出ると左角に市庁舎、右手にかつての宮殿があり、観光案内所はここにある。バッハやルターゆかりのゲオルゲン教会が広場に聳え、この教会の裏手にルターが寄宿していたルターハウスがある。バッハ博物館はルターハウスの脇を歩いて行くと見えてくる。ヴ… 続きを読む



村全体が昔のまま保存された美しい村、レイコック村でゆったりした時間を過ごしてみよう

[2017/02/11] ディキンソン恵子

エイヴォン川の辺りに建つレイコック修道院は、約800年前に建設され修道院として使用されたあと、個人邸宅として改装を重ねてきたそうです。修道院は、映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」や「ブーリン家の姉妹」、テレビドラマ「高慢と偏見」などのロケ地でもあります(修道院内一部分の部屋は冬季は週末のみ公開)。また写真撮影技術の先駆者の1人である、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが住んでいた旧邸宅でもあり、写真博物館も併設されています。 続きを読む



旨い安い早いの人気店! 深夜までやっているレトロなタイ料理屋をご紹介

[2017/02/04] 根本聡子

ローカルなご飯屋さんに行くとき、心配なのが言葉の壁。たしかにこのレストランには日本語ができるスタッフも日本語メニューもありませんが、メニューはすべて写真つきですし、スタッフも呼ぶときは手を挙げれば気付いてくれますのでタイ語や英語ができなくってもノープロブレム。ただ、クレジットカードは使えませんので現金を用意するのをお忘れなく。とは言っても1人500バーツ(約1500円)もあれば、おつりが来るくらいたっぷり食べられるのでご安心を。生ビールもジョッキが70バーツ(約210円)、デキャンタが220バー… 続きを読む



1点もののアロハは現地UseにもWeddingにもお土産にも最適!

[2017/02/03] NEMO

グアム滞在中のリゾートウェアとして大活躍してくれるアロハですが、ぜひオススメしたいのは結婚式! 先にも書きましたがアロハはグアムのフォーマルウェアなので、参列者の服装としてピッタリなのです。私もグアムで挙式したとき、両親にプレゼントしたのがここのアロハ。真っ青なグアムの空に鮮やかなアロハ柄が映えて、とても素敵な写真を残すことができました。そして新郎新婦も2次会ではお揃いのアロハとドレスに着替えてパーティーを開きましたが参加者からも大好評♪ 今流行りのブライドメイドのウエアとして、お揃いのアロハを… 続きを読む



江南エリアのホットプレイス! グルメも買い物もワンストップで楽しめる駅と直結のショッピングモール

[2017/01/26] 金光英実

「パルナスモール」と直結している「COEXモール」は、地下であるにもかかわらず自然採光が存分に取り入れられていて、明るい感じのする爽やかなショッピングモールです。リニューアルに当たり、「広々として空間を利用して、カルチャープラットフォームとしての役割も果たせる場所」を目指したのだそう。モールの片隅でバスキング公演を聞いたり、100mのデジタルメディア「アンダーワールドパノラマ」で写真を撮って共有したりと、無料で遊べるものがいっぱい。ライブプラザでは、ミュージカルや有名スターのゲリラ公演なども行わ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 写真」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。