「前門、現在」に関連する現地ガイド記事

「前門、現在」に関連する現地ガイド記事

前門、現在に関する現地ガイド記事を集めました。前門、現在の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京の若者に大人気の日本の「鈴木食堂」+雑貨店「鈴木商店」

[2016/06/06] 原口純子

北京にはいま約1000件の日本食レストラがあるといわれていますが、なかでも若者に大人気なのが「鈴木食堂」。ほんの数人が座れる小さな店からスタートして、現在では、4軒目がオープン、人気の理由は、刺身や寿司、といった高級和食でなく、「カレー」「ハンバーグ」「サラダ」といった日本の若者が普段に食べている食事をメニューにしていること。料理の総監督をしているのは日本人で現在は北京に拠点を構える鈴木功治さん。「自分自身が食べたいと思う味を出す」という鈴木さんのポリシーに従い、日本人旅行者が食べてほっとできる… 続きを読む



散策が楽しくなった「南城」エリアへ

[2015/02/03] 原口純子

北京には「南城」(ナンチョン)という昔からの言い方があります。天安門広場から「前門西大街」「前門東大街」を南に横断したあたり一帯をさす言葉です。昔の北京では、皇帝の住む故宮のまわりでは、商いが許されませんでしたが、その南側にあたる「南城」はふるくからの歓楽街であり、飲食業など、商いの盛んなエリアでした。このエリアの中央には南北に「前門大街」が走り、その左右には、細い横丁が迷路のように広がっています。規則正しい大通りが広がる天安門広場のまわりとは違って、まさに庶民的な雰囲気。ただ、あまりに迷路のよ… 続きを読む



北京でも話題の「H&M」で旅のファッションの買出しもOK

[2009/05/26] 原口純子

旬のデザインが低価格でそろう、スウェーデン発のファッションショップ「H&M」。日本でも昨年には、銀座、原宿にオープン、大行列の人気ぶりが話題になっています。「H&M」は、現在では、日本のほか、アジア各地にも積極的に出店、4月には、いよいよ北京にも1号店がオープンしています。世界の都市のえりすぐりの一等地を選んで出店することで定評のある「H&M」、北京で第一号店の地に選ばれたのは、何百年も昔からの商店街として定評のある「前門大街」です。 続きを読む



前門大街をレトロな路面電車に乗ってタイプトリップ!

[2009/02/23] 原口純子

2009年1月1日から、前門大街の新しい名物として、路面電車が復活しています。路面電車は、北京っ子には、「ディンディン車」と呼ばれ、1924年に前門から西直門まで運航を開始。停車するごとに車掌がベルを鳴らし、その音が「ディンディン」と聞こえるところから、こんなニックネームで呼ばれるように。北京っ子の交通手段として人気でしたが、1960年代に線路も含めて取り壊され、ながく姿を消していました。今回は、その懐かしい姿が、約半世紀ぶりに復活したものです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 前門、現在」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。