「動物」に関連する現地ガイド記事

「動物」に関連する現地ガイド記事

動物に関する現地ガイド記事を集めました。動物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

シャーロキアンにはお馴染みの荒涼の地、ダートムーア国立公園で大自然を満喫!

[2017/11/18] ディキンソン恵子

国立公園には、カワウソやシカなどの野生動物も存在しますが、家畜の牛や羊、そしてダートムーア・ポニーと呼ばれる馬をよく見かけます。ダートムーアには欠かせない存在のポニーは、ほぼ野生のように放牧されて生活をしているものの、牛や羊のように所有者がいるのだとか。昔はダートムーアの交通手段として、そして鉱山でも働いていたそうです。レンタカーで周辺を回る場合は、牛、羊やポニーは道路にも出てくるので要注意! 続きを読む



秋恒例カボチャの祭典! 年中無休の農場で楽しいひととき

[2017/11/13] 岩澤里美

展示の時期は毎秋で、2017年は9月1日から11月5日までです。毎回テーマを決めています。15年以上続いていて、今回は「森」です。2016年は「ローマ人」、2015年は「サーカス」でした。森といえば植物のほか、そこに住む動物たちが思い浮かびますが、シカ、ウサギ、リス、フクロウなどの像が視界に入ってくると、草地の多い農場が別世界に感じられます。農場に聞いたところ、展示には毎年80万人(推定)が訪れていて、年々増えているそうです。これらのオブジェは、9月から11月までレンタルもしています。貸出先はシ… 続きを読む



好きな人にはタマらない!ペルーは知られざるモツ料理天国

[2017/11/11] 原田慶子

シエラ(アンデス山間部)のモツ料理と言えば、何といってもこの「PATASCA(パタスカ)」。モンドンゴとモテ(茹でトウモロコシ)を使ったスープで、牛の足や他の部位を加えることもある。アンデス出身者が多い首都リマの食堂や市場の屋台では、パタスカはすっかりお馴染みのメニューなので、短期旅行者でも食べるチャンスはあるだろう。一方、同じシエラのモツ料理でも、リマではちょっとお目にかかれないのが「CALDO DE CABEZA(カルド・デ・カベサ/ヤギや羊などの頭のスープ)」だ。皿に盛られた動物の目玉や歯… 続きを読む



アテネ郊外、国際空港そばにあるアッティカ動物園へ!

[2017/10/19] アリサンドラトゥー芳香

ここは動物園ですが、ギリシャでは大変身近な海の哺乳類であるイルカやアザラシもいます。一日2回行われるイルカショーはギリシャ語、英語の両方で解説があります。また、マダガスカルのキツネザル・レムールや、オオカミ、象、ペンギンなどの餌やりを観察できるのですが、動物によっては、中に入って動物に近づくことができます。鳥類も大変豊富で、猛禽類を間近で見れるイベントも行われています。チケットの種類やショー、餌やりの時間は動物園のサイト(atticapark.com)で確認できるので、事前にチェックしてみてくだ… 続きを読む



ダウンタウンからも簡単アクセス!気軽に自然を満喫できるフォレストパーク

[2017/10/14] Rika Higashi

オレゴン州ポートランドの「フォレストパーク(Forest Park)」は、市の北西部に位置する長さ13km、総面積2千ヘクタールにもなる広大な森林公園です。市内にあるとは思えないほど木々が生い茂る園内には112種類の鳥類と62種の動物が棲息していると言われています。そんな森林の中をぬうように、全長113Kmに及ぶ数々のトレイルがあります。最長の「ワイルドウッド・トレイル(Wildwood Trail)」は、森林公園の全長をカバーし、48kmにもわたります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 動物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。