「動物」に関連する現地ガイド記事

「動物」に関連する現地ガイド記事

動物に関する現地ガイド記事を集めました。動物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アテネ郊外、国際空港そばにあるアッティカ動物園へ!

[2017/10/19] アリサンドラトゥー芳香

ここは動物園ですが、ギリシャでは大変身近な海の哺乳類であるイルカやアザラシもいます。一日2回行われるイルカショーはギリシャ語、英語の両方で解説があります。また、マダガスカルのキツネザル・レムールや、オオカミ、象、ペンギンなどの餌やりを観察できるのですが、動物によっては、中に入って動物に近づくことができます。鳥類も大変豊富で、猛禽類を間近で見れるイベントも行われています。チケットの種類やショー、餌やりの時間は動物園のサイト(atticapark.com)で確認できるので、事前にチェックしてみてくだ… 続きを読む



ダウンタウンからも簡単アクセス!気軽に自然を満喫できるフォレストパーク

[2017/10/14] Rika Higashi

オレゴン州ポートランドの「フォレストパーク(Forest Park)」は、市の北西部に位置する長さ13km、総面積2千ヘクタールにもなる広大な森林公園です。市内にあるとは思えないほど木々が生い茂る園内には112種類の鳥類と62種の動物が棲息していると言われています。そんな森林の中をぬうように、全長113Kmに及ぶ数々のトレイルがあります。最長の「ワイルドウッド・トレイル(Wildwood Trail)」は、森林公園の全長をカバーし、48kmにもわたります。 続きを読む



恐竜好きは見逃せない!駅近「国立台湾博物館〜土銀展示館」通称【恐竜博物館】

[2017/10/13] 中園 まりえ

国立台湾博物館の向かいにあるギリシャ神殿風の大きなビルが、現在の【土銀展示館】です。この建物は、日本統治時代に日本勧業銀行の台北支店として建てられました。戦後は台湾土地銀行本店として利用されていましたが、1989年に台湾政府がこの建物を三級古跡に指定。その後、改修工事を経て、2010年1月、国立台湾博物館の別館【土銀展示館】として生まれ変わりました。同館では、台湾金融発展史の中で土地銀行が果たしてきた役割がわかりやすく展示され、銀行時代の金庫室まで拝見できます。また館内には、恐竜や古代生物の化石… 続きを読む



ウィーンでお薦めしたいホテル、パークホテル・シェーンブルン

[2017/09/30] Hiromi

650年近く続いたハプスブルク家の拠点だったウィーン。市内にはあちらこちらにハプスブルク家ゆかりの宮殿や離宮、館が点在している。音楽の町として知られるウィーンには超一流の歌劇場やコンサートホールがある。見どころの多いウィーンであるが、観光客が必ず訪れる人気ナンバーワンのスポットが王宮ホーフブルクとシェーンブルン宮殿。どちらも歴代オーストリア大公や皇帝の居城だった。ホーフブルクは旧市街のど真ん中にあり、皇帝の居室だったカイザーアパートメントやハプスブルク家のコレクションが展示されている宝物殿、銀食… 続きを読む



子連れでパリに来たらJardin d'Acclimatationでたっぷり一日遊ぼう

[2017/09/20] 竹内真里

園内には、滑り台、砂場、ブランコなど定番の遊具エリアのほか、水遊び場、木でできた冒険アスレチックコーナー、ポニーやラクダに乗る体験、ヤギやうさぎなどの動物が観察できるプチ農場、鳥園、人形劇場(水曜、土日祝日、長期休暇中の15時から16時まで。無料)、プチトレイン、遊園地(メリーゴーラウンド、ゴーカート、穏やか系ジェットコースター風の乗り物)など、多数の異なる遊ぶ要素が散りばめられているので、飽きずに過ごせます。遊園地は特に目新しいものや激しいものはありません。派手さがないかわりに、どことなく懐か… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 動物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。