「北京、お菓子」に関連する現地ガイド記事

「北京、お菓子」に関連する現地ガイド記事

北京、お菓子に関する現地ガイド記事を集めました。北京、お菓子の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

200種類近いメニューから選べるレストランは、観光地から歩いてすぐ!

[2016/01/02] 小田川愛

中国の色々な地方の料理が楽しめる上海には、沢山のレストランがあります。例えばウィグル料理のお店では、内装もその民族をイメージさせるものだったり、踊りを見せてくれたりします。皆さんがイメージする中華料理のレストランは、赤い内装でちょっとザワザワしている感じでしょうか。勿論そういうお店もありますし、中国に来た!という感じがしていいのですが、ちょっと落ち着いたインテリアの中で、食事するのもまたいいものですよね。今回は観光地の新天地からも歩いて行ける台湾レストラン&スイーツカフェをご紹介します。 続きを読む



北京でブーム再来の「ムスリム食材」店、「桂香春」

[2014/04/21] 原口純子

中国には、古くからイスラム教徒が多く、中国語では「回民」(フイ・ミン)と呼ばれています。イスラム教徒は、豚に由来する食材を食べない、など飲食に制限があるため、中国においても、飲食する店や食材店には彼らむけの専門店が古くからあります。地下鉄1号線「南礼士路」D口から徒歩3分ほどの「桂香春」もムスリム向けの食材店の1つ。海外で食材店をのぞいてみるのは面白いものですが、中国のムスリム向け食材店、というのも、また特別なもの。食材店は、イスラム教徒でなくてももちろん入れます。食文化で有名な中国の新たな一面… 続きを読む



栗の名産地北京で、秋〜冬の美味「炒栗子」を!

[2011/11/10] 原口純子

秋から冬にかけての美味といえば、ホクホクの栗もその一つ。日本では「天津甘栗」などもその代表的なお菓子ですね。さて、この「天津甘栗」といわれる栗のお八つ、日本ではなぜか「天津」という地名をつけて呼ばれていますが、北京では北京こそがその本場、とされています。海に近い天津は、海産物が美味、山に囲まれた北京は栗が美味、これが常識ですが、日本ではなぜか「甘栗」といえば天津、とされているのが面白いですね。北京では、甘栗は、「炒栗子」(中国語の発音はチャオ・リ・ズ)と呼ばれていて、特にこれからが美味しい季節。… 続きを読む



地下鉄10号線「張自忠路」駅の周辺で楽しむ北京下町食文化

[2010/01/21] 原口純子

地下鉄10号線「張自忠路」駅は、北京の旧市街にあります。駅をおりると、数百年にわたって南北に走る北京の通り、「東四北大街」です。この通りには、小さな食堂、老舗のお茶屋さん、お菓子やさん、食料品店、厨房用品の小さな店などが並び、北京の食文化探索には、とても楽しい通り。地下鉄で気軽にいけるので、ちょっとした散策におすすめです。 続きを読む



香港最大級のメガ・ショッピングモール『ハーバーシティ』でお買い物

[2008/11/14] 宮 江梨子

そろそろ、冬のバーゲンが気になる季節になってきました。香港のバーゲンは早いところでは11月末くらいから始まるところもありますが、何と言っても本番は12月〜旧正月(今年は1月26日)くらいまでの間でしょう。終盤にはこれでもか!と下がってくるので、どこで手を打つかが毎年の悩みどころでもあり、楽しみでもあります。そんな香港にたくさんある、巨大ショッピングモール。新しくできたものはさておき、今回は尖沙咀にある香港最大級のメガ・モール、『ハーバーシティ(海港城)』をご紹介致しましょう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、お菓子」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。