「北京、バー」に関連する現地ガイド記事

「北京、バー」に関連する現地ガイド記事

北京、バーに関する現地ガイド記事を集めました。北京、バーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京の新しいムーブメント「ブックカフェ」で旅の時間を

[2018/04/28] 原口純子

北京には、今、日本の「代官山蔦屋書店」のようなブックストアとカフェが一体化したスペースがどんどん増えています。2010年代の前半には、北京の書店もネット文化の隆盛におされて閉店が続いていましたが、近年、政府が書店の政策的サポートを開始しています。書店がショッピングモールなどにテナントとして入る場合は政策的な支援としてテナント料がかなり優遇されるようになりました。この施策の結果、商業スペースに大型のブックカフェが生れ、旅行者にも心地よい空間となっています。もちろん旅行者の休憩スポットとしてもじゅう… 続きを読む



ロンドンで美味しい飲茶を食べに行こう!ロイヤル・チャイナの本格的な点心に舌鼓

[2018/02/12] ディキンソン恵子

世界の食を楽しめるコスモポリタン都市ロンドン。ひと昔前の印象とは違い、食文化が発展し食材も豊富になり、美食都市へと様変わりしています。ロンドンに滞在中は、イギリスの伝統的な食べ物だけでなく、他国の食も試してみるのをオススメします。中華料理もその中の1つ。多くの中華レストランが集まるチャイナタウンに行くのもいいのですが、今回ご紹介するロイヤル・チャイナは、チャイナタウンに支店がないレストランです。 続きを読む



中国伝統の蒸留酒「白酒」がテーマのバーが旧市街に誕生

[2017/11/22] 原口純子

世界の都市で蒸留酒ブームが高まっていますが、中国にも数千年の歴史を誇る蒸留酒があります。「白酒」(パイジュゥ)と呼ばれるもので、米、麦、コーリャン、など穀物を原材料に作るもので、作り手によって穀物の配合や発酵に使う微生物などが違い、数千にものぼる種類があるといわれています。各地に白酒メーカーがあり、北京の場合は牛欄山酒廠の「二鍋頭」酒が地酒としてよく飲まれています。中国に来たらぜひ味わってみたいお酒ですが、そんな旅行者にもぴったりな白酒がテーマのバーが誕生しています。 続きを読む



一人旅でも北京ダックを味わいたい人にも最適なダックバーガー店誕生

[2016/02/27] 原口純子

北京の食文化の名物といえば「北京ダック」。けれどダックは1羽か半羽からのオーダーが普通なので、一人旅の時などは、試してみるのが難しいものです。その解決に最適の「北京ダックバーガー」店が10月末、北京に誕生しました!その名は「大董鴨」(ダー・ドン・ヤ)変わった名前ですが、実は店を開いたのは、北京ダックの有名店として90年代にオープン、数々の支店を持ち、北京では知らない人がいないというくらいの有名店「大董烤鴨店」(ダー・ドン・カオ・ヤ・ディエン)、その名前の一部が使われています。北京ダ… 続きを読む



アメリカン航空が成田〜シカゴ線にボーイング787型機を導入!

[2016/01/10] 寺田直子

成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、バー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。