「北京、ブランド」に関連する現地ガイド記事

「北京、ブランド」に関連する現地ガイド記事

北京、ブランドに関する現地ガイド記事を集めました。北京、ブランドの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お茶もOKの北京最先端コ・ワーキングスペースへ

[2018/04/02] 原口純子

急速なスピードでIT産業やAI産業が発展する北京。若い起業家も多く、そんな背景から北京ではこの2年ほど、異なる組織や個人が働く場所を共有することのできる「コ・ワーキングスペース」が増えています。「コ・ワーキングスペース」で先行するアメリカから大手「ウィーワーク(WeWork)も中国に上陸、北京では「三里屯」と呼ばれる一等地にスペースを構えています。こうした場所の多くは会員制で、非会員は利用することができませんが、2017年夏にオープンした5つ星ホテル「新国貿飯店」では、1日5時間から誰でも利用で… 続きを読む



中国で大人気のお茶ベースの新興ドリンク専門店「喜茶」

[2018/01/01] 原口純子

中国ではインターネットで人気が出たものを「網紅」(ワン・ホン)と呼びます。「網」はインターネット、「紅」は人気が出た状態のこと、つなり「網紅」はネット空間でホットな話題の人気者のことです。飲み物における「網紅」といえば今は「喜茶」。お茶をベースにした飲み物の専門店ですが、2017年北京店がオープンした時には、3時間待ちの大行列ができ、その様子がまたSNSで拡散されてさらに人気を呼びました。いまは行列は多少短くなってはいますが、「一人1回3種類まで」という購入制限は続いています。これほどの人気の理… 続きを読む



中国の有名デザイナー馬可が開いた食品ショップ&カフェ

[2017/05/11] 原口純子

馬可(マ・カ)は、08年中国ではじめてパリ・オートクチュールコレクションに参加した中国の著名デザイナーです。習近平国家主席夫人の公務服のデザイナーとしても知られ、現在では「無用」というブランドを手がけています。「無用」は中国各地に残る手仕事の職人を探し、手織り、手染め、そして手縫いで質の高い服を作り、このブランドの運営により、中国伝統の手仕事を残すことを目指しています。北京には「無用」の手がける手仕事のギャラリーがありますが、その隣に、食品店とカフェ「無用真味」がオープンしました。 続きを読む



クリエイターが集まる新スペース「i-創意工場」

[2013/11/18] 原口純子

北京では、近年、環境保護のために操業停止になった市内の工場を利用してユニークな場所が次々に誕生しています。その一つが、地下鉄1号線「大望路」から徒歩約15分の「i-創意工場」。この場所がユニークなのは、撮影スタジオ、ヘアメイクのスクール、クリエイティブ関係のイベントがよく行われるマルチスペース、などクリエイターのための場所、として再生が進められていること。敷地のなかにはカフェなどもあり、誰でも入ることができます。北京クリエイティブ業界の空気感を観光できる場所です。 続きを読む



自転車好きが集まる自転車カフェ&バーSERK

[2013/05/30] 原口純子

アウトドアスポーツが気持ちがいいこれからの季節、北京をサイクリングで楽しむのも素敵です。北京の自転車好きが集まるカフェ&バーが「SERK」、2012年夏にオープンしたばかりですが、早くも北京の自転車ファンのなかでよく知られるようになっています。お店は、旧市街の横丁のなか。天井から国内外の自転車がずらりと下がる空間デザインが特色です。このアイデアはオーナーのオーストラリア人、シャロン・バフトン氏自身によるもの。自転車マニアの彼が「自転車の構造美がよく鑑賞できるように」と考えたものです。ユニークなデ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、ブランド」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。