「北京、ブーム」に関連する現地ガイド記事

「北京、ブーム」に関連する現地ガイド記事

北京、ブームに関する現地ガイド記事を集めました。北京、ブームの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京でブームのクラフトビールを味わう

[2017/07/20] 原口純子

世界的にいまビール界では、手をかけた工程で少量を生産する「クラフトビール」がブーム。実は中国でも「クラフトビール」は「精醸●(口+卑)酒」(ジンニャンピィジゥ)と呼ばれブームになっています。中国では工場生産のビールの消費量は右肩あがりの成長が続いていましたが2014年に入って成長が鈍り、それに代わって海外の流行の影響もありクラフトビールに注目が集まっています。その代表の一つが北京に3店舗を構える「熊猫精醸」(中国語の発音はシォンマオピィジゥ/英語名はPanda Brew)。地下鉄5号線「北新橋」… 続きを読む



北京第一号のゴルフクラブでゴルフ体験はいかが?

[2014/11/27] 原口純子

北京のみならず、中国は今、ゴルフブーム。全国にゴルフ場が建設されていますが、そんな盛り上がりの様子を旅先で見てみるのも、面白いもの。北京には、1985年、北京最初のゴルフ場として建設された「朝陽高爾夫倶楽部」があります。(高爾夫=中国語のゴルフ)オープン当時、そこは「郊外」というイメージの街はずれでしたが、その後、市街地がひろがった結果、いまでは街の一等地にあるゴルフ場となっています。近年には、徒歩約10分と至近の場所に地下鉄10号線「団結湖」駅ができ、地下鉄で移動できる旅行者にも便利なゴルフ場… 続きを読む



北京でブーム再来の「ムスリム食材」店、「桂香春」

[2014/04/21] 原口純子

中国には、古くからイスラム教徒が多く、中国語では「回民」(フイ・ミン)と呼ばれています。イスラム教徒は、豚に由来する食材を食べない、など飲食に制限があるため、中国においても、飲食する店や食材店には彼らむけの専門店が古くからあります。地下鉄1号線「南礼士路」D口から徒歩3分ほどの「桂香春」もムスリム向けの食材店の1つ。海外で食材店をのぞいてみるのは面白いものですが、中国のムスリム向け食材店、というのも、また特別なもの。食材店は、イスラム教徒でなくてももちろん入れます。食文化で有名な中国の新たな一面… 続きを読む



新開通の地下鉄6号線を使って旧市街へ

[2013/03/16] 原口純子

2012年末、北京にまた新しい地下鉄「6号線」が開通しました。6号線は、北京市内の中心部を東西に貫く路線です。6号線が開通したことにより、北京中心部の旧市街の観光がとても便利になっています。6号線には、「南鑼鼓巷駅」「北海北駅」といった駅があり、周辺には、約700年前、元の都として造成された当時から残る「胡同」と呼ばれる横丁が広がっています。こうしたエリアは、以前は地下鉄がなく、タクシーが主な交通手段でしたが、歩いて回ってこそ、楽しいエリアでもあります。6号線の新開通により、このあたりのエリアで… 続きを読む



一人ご飯にも便利なお洒落系ヌードル店「面総面」

[2012/03/14] 原口純子

北京で一人旅だと、食事の場所に困ることがあります。普通の中華レストランだと、大勢が一緒に食べるためにメニュー設定されているので、一人だと、一皿の分量が多すぎ、もてあますことも。主食と副食を組み合わせ、バランスよく食べようとすると、さらに凄い量になってしまいます。もちろん一人でもOKの「ケンタッキー」や「マクドナルド」のほか中華系のファーストフードチェーンもありますが、連日それではちょっと味気ないという人のために、ぜひおすすめしたいのが最近の北京でブームのお洒落系ヌードル店です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、ブーム」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。