「北京、中国茶」に関連する現地ガイド記事

「北京、中国茶」に関連する現地ガイド記事

北京、中国茶に関する現地ガイド記事を集めました。北京、中国茶の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

栗の名産地北京で、秋〜冬の美味「炒栗子」を!

[2011/11/10] 原口純子

秋から冬にかけての美味といえば、ホクホクの栗もその一つ。日本では「天津甘栗」などもその代表的なお菓子ですね。さて、この「天津甘栗」といわれる栗のお八つ、日本ではなぜか「天津」という地名をつけて呼ばれていますが、北京では北京こそがその本場、とされています。海に近い天津は、海産物が美味、山に囲まれた北京は栗が美味、これが常識ですが、日本ではなぜか「甘栗」といえば天津、とされているのが面白いですね。北京では、甘栗は、「炒栗子」(中国語の発音はチャオ・リ・ズ)と呼ばれていて、特にこれからが美味しい季節。… 続きを読む



世界的フードチェーンのご当地「中華」に注目!

[2010/05/25] 原口純子

旅先では時になれた味が恋しくなるもの。そういう時、旅行者の強い見方になるのが、「ケンタッキー」「スターバックス」といった国際的なフードチェーン。北京には90年代初期から、そうした国際的チェーンの進出が始まり、いまではすっかり市民生活になじんでいます。そうしたチェーンでは世界のどこでもたべられる共通メニューのほか、最近は中国大陸に特化したメニューも続々登場。ご当地名物として味わってみるのも、いいですね。 続きを読む



四季のお茶とランチ&ディナーが楽しめる「18茶院」

[2010/05/06] 原口純子

新茶が出回る春から初夏にかけては、中国茶を味わうのがいっそう楽しくなる季節。北京の旧市街に昨年オープンしたばかりの「18茶院」はそんななかおすすめしたいスポットの一つです。お店は、季節の中国茶と日本茶、それにイタリアンをベースにしたランチ&ディナーが楽しめる総合的なスペース。お茶館としても、カフェ、レストランとしても利用できる、これまでの北京でありそうでなかったスポットです。 続きを読む



北京市内の古刹「白塔寺」へ地下鉄でかけてみませんか

[2010/01/27] 原口純子

歴史の長い古都、北京には、古刹が数多くあります。郊外にもいろいろありますが、遠出をせず、北京市内で気軽に楽しむのも、いいもの。なかでもおすすめは地下鉄2号線「阜成門」から徒歩8,9分ほどで到着する「白塔寺」。元代の1271年、フビライ帝がネパールからアニグという職人を招聘して建てた白塔が残っています。塔の高さは、51メートル。境内はそう広くありませんが、気軽に訪れることができる割にしっとりした静かな情緒が楽しめるいいお寺です。 続きを読む



安くて美味くて不思議なエリア、リマの中華街へようこそ!

[2009/07/17] 原田慶子

南米ペルーの首都リマにも、中華街がある事をご存知だろうか。セントロの歴史地区からアバンカイ通りを超え東側へ2ブロック進むと、突如中華門が現れる。スペイン語の国にいきなりあふれ出す漢字の世界。中華料理屋や雑貨商が並び、十二支占いの店には金ピカの招き猫が飾られている。中華食材店には、中国茶や干物の独特の匂いが立ち込めて、それらがほんの2〜300mの範囲に凝縮されているのだ。あまりに小さくて拍子抜けするのだが、地球の反対側でも中華パワーは健在! ラテンの国に溶け込み、独自の進化を遂げるリマの中華街は小… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、中国茶」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。