「北京、地下鉄」に関連する現地ガイド記事

「北京、地下鉄」に関連する現地ガイド記事

北京、地下鉄に関する現地ガイド記事を集めました。北京、地下鉄の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

中国の有名デザイナー馬可が開いた食品ショップ&カフェ

[2017/05/11] 原口純子

馬可(マ・カ)は、08年中国ではじめてパリ・オートクチュールコレクションに参加した中国の著名デザイナーです。習近平国家主席夫人の公務服のデザイナーとしても知られ、現在では「無用」というブランドを手がけています。「無用」は中国各地に残る手仕事の職人を探し、手織り、手染め、そして手縫いで質の高い服を作り、このブランドの運営により、中国伝統の手仕事を残すことを目指しています。北京には「無用」の手がける手仕事のギャラリーがありますが、その隣に、食品店とカフェ「無用真味」がオープンしました。 続きを読む



新旧北京を効率よく楽しめる地下鉄「前門駅」の「北京坊」へ。

[2016/12/10] 原口純子

北京の「前門」といえば昔ながらの下町として知られていますが、いま地下鉄「前門駅」の西南方向、「前門西河沿街」といわれる通りから南側が大きく姿を変えようとしています。2011年から改造工事が進み、「西河沿街」から南側は「北京坊」と呼ばれる総合商業施設に生まれ変わる予定。その1期工事が終わり、工事の囲いがはずれ、改造の全貌が見えてきました。「大改造」といっても、そのエリアには歴史ある建物が残され、「北京坊」の周辺には、昔ながらの横丁も残っています。ある意味、最先端と伝統を効率よく楽しめるエリアとして… 続きを読む



お洒落の秋に中国人若手デザイナーの服をチェック。アートセンター「UCCA」付設ショップ。

[2016/10/16] 原口純子

パリコレクションなど世界のモードの祭典でも最近では若手の中国人デザイナーの活躍が目立ち始めています。留学がさかんな現在の中国では、中国人の若手デザイナーたちはロンドンやニューヨークなどのデザインスクールで学んだ人も多く、グローバルなセンスで服を作る人たちが増えています。そんな人たちの作品群を見たり、実際に買ったりできる便利なショップがアートセンター「UCCA」の付設のショップ。お洒落が楽しい秋、ぜひでかけてみませんか。 続きを読む



「中国医学」をテーマにしたユニークなデザインショップが誕生

[2016/07/17] 原口純子

北京にでかけたら、北京らしいグッズをぜひ見学したり、入手したり、したいもの。そんなときにのぞいてみたいのが、前門駅から徒歩約10分ほどの「楊梅竹斜街」にあるショップ「Triple-Major」です。このショップは、約6年前、香港から北京に移住したデザイナー、陳宇祈がでがけるショップ。世界各地から輸入した服や小物と、陳氏オリジナルデザインの服や小物が売られていますが、オリジナルの服や小物のデザインテーマは、なんと「中国医学」。店内には薬だながおかれ、店の外観も伝統的な薬屋風。「中国医学」の新たな魅… 続きを読む



人気アーティスト&美食家、林依輪が手がけるお一人さまOK中華

[2016/06/26] 原口純子

林依輪(リン・イールン)は、楽曲「愛情鳥」、映画などで知られる人気俳優&歌手。そして本格デビュー前にはコックをしていたこともある、本格的な料理好き、美食家として知られています。その特技をいかして中国では料理番組やグルメ番組の司会としても活躍していますが、今春、その味を試すことのできるレストランが誕生しました。その名も「飯爺」(ファンイエ)。北京では「爺」(イエ)は身分の高い男性に使われる敬称で、「旦那さま」のようなニュアンスがあります。この名前は、「飯」(ファン=中国語で食事、の意味)は人間にと… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、地下鉄」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。