「北京、地下鉄、料金」に関連する現地ガイド記事

「北京、地下鉄、料金」に関連する現地ガイド記事

北京、地下鉄、料金に関する現地ガイド記事を集めました。北京、地下鉄、料金の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お茶もOKの北京最先端コ・ワーキングスペースへ

[2018/04/02] 原口純子

急速なスピードでIT産業やAI産業が発展する北京。若い起業家も多く、そんな背景から北京ではこの2年ほど、異なる組織や個人が働く場所を共有することのできる「コ・ワーキングスペース」が増えています。「コ・ワーキングスペース」で先行するアメリカから大手「ウィーワーク(WeWork)も中国に上陸、北京では「三里屯」と呼ばれる一等地にスペースを構えています。こうした場所の多くは会員制で、非会員は利用することができませんが、2017年夏にオープンした5つ星ホテル「新国貿飯店」では、1日5時間から誰でも利用で… 続きを読む



リーズナブルに楽しめる冬季の故宮観光

[2016/04/02] 原口純子

いま世界でもっとも見学者の多い観光地といわれる故宮。あまりの多さに2015年6月から「1日8万人」を上限とする、という対策が実施されています。その人数の多さが想像されますが、毎年、11月1日〜3月31日まではシーズンオフとされ(中国語では淡季=タンジ)、観光客が比較的少ない時期となり、入場料金もオンシーズンの60元から40元に値下げされます。寒い時期ですが、比較的人数の少ない時期に、割引料金で観光する故宮も素敵です。 続きを読む



公共観光バスで巡る北京

[2015/11/24] 原口純子

北京では、昨年より北京の市内を循環する「観光1線」「観光2線」という2ルートの観光バスが誕生しています。「観光1線」「観光2線」とも料金は一人15元(北京公共交通用のICカードを使う場合は10元)。天安門広場や故宮のまわりをまわるルートで、車体の高いバスからみると、特に天安門広場などはよく見えます。「観光1路」は、繁華街、「前門」をまっすぐ南に下った「永定内内駅」からスタート、大柵瀾、前門などを通って、天安門広場の西側を通って北上、中山公園西門、故宮西門から故宮の北門をすぎ、今度は、天安門広場の… 続きを読む



新開通の地下鉄6号線を使って旧市街へ

[2013/03/16] 原口純子

2012年末、北京にまた新しい地下鉄「6号線」が開通しました。6号線は、北京市内の中心部を東西に貫く路線です。6号線が開通したことにより、北京中心部の旧市街の観光がとても便利になっています。6号線には、「南鑼鼓巷駅」「北海北駅」といった駅があり、周辺には、約700年前、元の都として造成された当時から残る「胡同」と呼ばれる横丁が広がっています。こうしたエリアは、以前は地下鉄がなく、タクシーが主な交通手段でしたが、歩いて回ってこそ、楽しいエリアでもあります。6号線の新開通により、このあたりのエリアで… 続きを読む



新しく開通した地下鉄15号線で「北京の韓流」望京見学!

[2011/06/07] 原口純子

北京といえば、「天安門広場」「故宮」など市の中心部を思い浮かべるのが普通ですが、実は街の外側にニュータウンがどんどん広がっています。そんなニュータウンにむけて、北京では2010年末に5本もの新しい地下鉄ラインが開通しました。「昌平線」「亦庄線」「大興線」「房山線」そして「15号線」の5本です。どこも長く農村部だったところですが、ここ10年ほどの間に開発がすすみ、沿線には新旧の風景が入り混じります。こうした地下鉄に乗って、郊外を観察してみるのも、北京の旅としては面白くなりそうです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、地下鉄、料金」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。