「北京、旧正月」に関連する現地ガイド記事

「北京、旧正月」に関連する現地ガイド記事

北京、旧正月に関する現地ガイド記事を集めました。北京、旧正月の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

美味しい絶品北京ダックに舌鼓!名店『北京楼』

[2016/04/04] 宮 江梨子

新年が明けても旧正月を迎えるまでは、香港ではまだまだ新年とは言えません。でも、その新暦と旧暦の新年に挟まれた時期はすでにお祝いムードが漂って、なんとも心躍る華やかな時期なんです。そんな旧正月の足音を聞きながら、美味しい北京ダックで特別な時間を過ごすのはいかがでしょう?今回ご紹介するのは、在港日本人の間でも有名な『北京楼』。ふっくらと焼けた北京ダックが本当に美味しいんですよ。接待でもよく使われる要予約の名店で、尖沙咀店なら風景を眺めながら食事を楽しめる特等席も。たまにはお洒落して上品中華と美味しい… 続きを読む



リーズナブルに楽しめる冬季の故宮観光

[2016/04/02] 原口純子

いま世界でもっとも見学者の多い観光地といわれる故宮。あまりの多さに2015年6月から「1日8万人」を上限とする、という対策が実施されています。その人数の多さが想像されますが、毎年、11月1日〜3月31日まではシーズンオフとされ(中国語では淡季=タンジ)、観光客が比較的少ない時期となり、入場料金もオンシーズンの60元から40元に値下げされます。寒い時期ですが、比較的人数の少ない時期に、割引料金で観光する故宮も素敵です。 続きを読む



旬の羊肉のシシカバブを味わう

[2016/01/27] 原口純子

モンゴル族の支配王朝であった元代(1271〜1368)には、その都「大都」となっていた北京は、地理的にも北方の草原に近く、羊肉を好んで食べる習慣があります。羊は、夏のあいだたっぷりと草原の草を食べて太るので、肉が美味しくなるのは秋から冬にかけて。また羊肉は体を温める作用があるので、秋冬にふさわしい食べ物とされています。羊肉を好む人が多い北京では、羊肉も新鮮なものが使われるので、日本とはまた違ったおいしさ。「羊肉のしゃぶしゃぶ」など様々な料理がありますが、ちょっと試してみたい人、一人旅でも味わうこ… 続きを読む



皮がパリッ、お肉はジューシー!美味しい北京ダックを食べ比べ

[2015/02/06] 宮 江梨子

中華の定番、そして料理が来るとワッと場が華やぐ、そんな中華の華の一品と言えば北京ダック。黄金色にローストされた北京ダックがやって来ると、否が応にも興奮してしまいますよね。北京ダックはパリッとした皮、その皮がついたお肉、そしてお肉だけの部分の3つにさばいてサーブされます。皮は砂糖をつけてパリパリの食感とコクを味わい、皮とお肉、そしてお肉だけの部分は薬味(ネギ、キュウリ)と甜麺醤(甘い赤ミソ)も一緒に薄餅で巻き、そのハーモニーを楽しむのが定番のようです。そんな美味しい北京ダック、『京菜鹿鳴春飯店』な… 続きを読む



散策が楽しくなった「南城」エリアへ

[2015/02/03] 原口純子

北京には「南城」(ナンチョン)という昔からの言い方があります。天安門広場から「前門西大街」「前門東大街」を南に横断したあたり一帯をさす言葉です。昔の北京では、皇帝の住む故宮のまわりでは、商いが許されませんでしたが、その南側にあたる「南城」はふるくからの歓楽街であり、飲食業など、商いの盛んなエリアでした。このエリアの中央には南北に「前門大街」が走り、その左右には、細い横丁が迷路のように広がっています。規則正しい大通りが広がる天安門広場のまわりとは違って、まさに庶民的な雰囲気。ただ、あまりに迷路のよ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、旧正月」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。