「北京、観光、バー」に関連する現地ガイド記事

「北京、観光、バー」に関連する現地ガイド記事

北京、観光、バーに関する現地ガイド記事を集めました。北京、観光、バーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

中国伝統の蒸留酒「白酒」がテーマのバーが旧市街に誕生

[2017/11/22] 原口純子

世界の都市で蒸留酒ブームが高まっていますが、中国にも数千年の歴史を誇る蒸留酒があります。「白酒」(パイジュゥ)と呼ばれるもので、米、麦、コーリャン、など穀物を原材料に作るもので、作り手によって穀物の配合や発酵に使う微生物などが違い、数千にものぼる種類があるといわれています。各地に白酒メーカーがあり、北京の場合は牛欄山酒廠の「二鍋頭」酒が地酒としてよく飲まれています。中国に来たらぜひ味わってみたいお酒ですが、そんな旅行者にもぴったりな白酒がテーマのバーが誕生しています。 続きを読む



500年の歴史を誇るグルメ街「鮮魚口街」へ

[2014/10/12] 原口純子

地下鉄2号線「前門」駅をおり、「前門大街」へ。この「前門大街」から東へ約700メートルほど続く通りが「鮮魚口街」です。この通りは古くは附近に池があり、魚市があったとの伝承があります。清代(1644年〜1911年)には、レストラン、高級官僚むけの帽子店、劇場、茶館、大型の公衆浴場などが立ち並び、繁華街となっていた通り。近年は通り全体が老朽化していましたが、エリア全体が再開発され、北京を代表するグルメストリートに生まれ変わっています。清潔に歩きやすくなり、観光客でも出かけやすくなった「鮮魚口」は、往… 続きを読む



地下鉄8号線開通で便利になった「什刹海」へ散歩

[2014/09/17] 原口純子

北京の中心にある水辺の「什刹海」は、岸辺にバーが並び、夏は特ににぎわうスポット。観光客も大勢訪れますが、周辺には古くからの住宅街が広がり、水辺は住人たちが魚釣りをしたり、のんびり涼んだりする場所でもあり、北京らしい生活風景もみられる新旧一体となった場所です。2013年末、地下鉄8号線が通り、「什刹海」駅ができて、この水辺周辺の散歩がとても便利になりました。地下鉄は朝は5時台から夜は22時台まで動いています。朝7時〜9時、夕方5時〜7時のラッシュ時はなるべく避けて、夏は特に早朝あるいは、夕方7時す… 続きを読む



北京の旧市街のライブハウスへ!

[2013/08/10] 原口純子

北京では、故宮の周辺に古い横町がタテヨコに走る旧市街が残っていますが、そうしたエリアでは、古い民家の再利用が進んでいます。カフェやレストランなどが次々、誕生するなか、最近、目立つのは民家を改造した小規模なライブハウス。アーティストのすぐ近くで演奏を聴けるうえ、チケットも低価格。言葉を超える音楽なら外国でも楽しめるので、ぜひトライしてみてください。 続きを読む



新開通の地下鉄6号線を使って旧市街へ

[2013/03/16] 原口純子

2012年末、北京にまた新しい地下鉄「6号線」が開通しました。6号線は、北京市内の中心部を東西に貫く路線です。6号線が開通したことにより、北京中心部の旧市街の観光がとても便利になっています。6号線には、「南鑼鼓巷駅」「北海北駅」といった駅があり、周辺には、約700年前、元の都として造成された当時から残る「胡同」と呼ばれる横丁が広がっています。こうしたエリアは、以前は地下鉄がなく、タクシーが主な交通手段でしたが、歩いて回ってこそ、楽しいエリアでもあります。6号線の新開通により、このあたりのエリアで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、観光、バー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。