「危険」に関連する現地ガイド記事

「危険」に関連する現地ガイド記事

危険に関する現地ガイド記事を集めました。危険の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

イタリアン・クリスマスの主役はこの時期だけの限定菓子“パネットーネ”

[2016/11/21] 木場しのぶ

今年もいよいよ秋半ば。イタリアはクリスマスに向けて活気を呈する季節になりました。そして私にとっては、大・大・大好物の“パネットーネ”がお目見えする時期☆ 近年は日本でも見かけるようになりましたよね、イタリア版クリスマスケーキの“パネットーネ”や“パンドーロ”。前者がドライフルーツ入りの大きなふわふわパンで、パンドーロはそれらの入らない引き締まったスポンジケーキ。私は断然パネットーネ派で、食べ出すといくらでも入ってしまう危険な(笑)パンながら、美味しいんだから仕方がない。この時期だけの限定版ですか… 続きを読む



森に突如現れた美術館、木々の間のステンドグラスに圧巻

[2016/03/08] マチルダ

この辺りにあるSevern川では、年に数回サーフインを楽しむ人、見学をする人で賑わいます。というのも、潮の満ち引きで海の水が上がってくるのですがその際の波が時期によって大きくり波乗りができるようです。波の高さは1から5段階に予測区分されます。サーフィンポイントが決められていて、危険ということもあり個人での参加はあまり好ましくないようです。潮の満ち引きの日時が調べられ、それに合わせてポイントで待機。1発勝負の波乗りを大いに楽しんでいるようでした。 続きを読む



夜には赤く光る、ハワイ火山国立公園のハレマウマウ・クレーター

[2016/02/23] 綱島モミ

ハワイ島といえば、やはり今も活動を続けるキラウエア火山。大自然のパワーを感じる場所です。ハワイ島の溶岩は粘度が高くゆっくり流れるので、観光にあたって危険度がさほど高くないのも特徴的です。溶岩は流れる場所が徐々に変わって行きます。地表を流れる溶岩が海へ到達するオーシャンエントリーは2013年の夏に止まってしまいましたが、2014年には溶岩流がパホアの町に到達し、話題になりました。ハワイ島の南東部にあるハワイ火山国立公園は、ドライブで溶岩地形を見て回れるのでお勧めです。 続きを読む



新しいトレンドのレストランを覗いてみよう

[2016/02/21] Hiromi

店から突き出した色っぽい脚。なにやら怪しげな男性専用の店かと思いきや、ここは女性専用のストッキングショップ。なーんだ、そうなのか、と思わず微笑む。それにしてもなんて奇抜な看板なのだろう。ここはブダペストの中心部。地下鉄2号線の小環状道路に面したアストリア駅から大環状道路に面したブラハ・ルイーザ駅との間に広がる地域だ。どちらかと言えば夜は危ないので、あまり歩かない方が良さそうな場所。と言われていたのは一昔前のこと。今はヤングの人気スポットとして注目されている斬新な地域なのだ。モダンなレストランが点… 続きを読む



世界のベストダイブスポット50にも選ばれたセイルロックで海の世界を堪能☆

[2016/02/19] 根本聡子

バンコクから飛行機で約1時間のビーチリゾート、サムイ島。せっかくサムイ島に来たのなら、ぜひ体験して欲しいことがあります。それはズバリ、ダイビング! サムイ島周辺にはいくつものダイビングスポットがあるのですが、中でもオススメはサムイ島からスピードボートで約45分、タオ島とパンガン島のちょうど間くらいにある巨大岩礁のセイルロック! ここは世界のベストダイブスポット50にも選ばれた場所で、運が良ければジンベイザメに会えるという魅惑の場所です♪ 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 危険」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。