「古代」に関連する現地ガイド記事

「古代」に関連する現地ガイド記事

古代に関する現地ガイド記事を集めました。古代の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

体験型の熱帯雨林動物園!ラナース・トロピカルズーで動物とふれあおう☆

[2017/01/28] MizukiPoulsen

一番大きなドームではサウスアメリカのアマゾンが再現されています。熱帯雨林にあるのは、湿った洞窟に古代のお寺のような建物、岩の間を滝が流れ、頭上には縄の吊り橋。ふと手すりに目をやれば小さな猿がこっちを見ていたり、高い木の上でナマケモノがゆっくり動いていたり。自然な演出にワクワクします。洞窟内では、アナコンダがいたかと思えば、すぐ近くでコウモリが飛び交っています。池の中ではマナティが優雅に泳いでいるのが見えますよ。ドーム内の高低差がとてもうまく作られていて、別のアングルから動物達や熱帯の様子が観察で… 続きを読む


古代ローマの遺跡ダラとネクロポリス

[2017/01/19] オキシマ・ヒロミ

南東アナトリアを旅する醍醐味は、遺跡をたくさん見学できることだ。もともとそういうものに興味がない人でも、実際に訪れてみると無条件に感動する。それが続くと、そのうち遺跡めぐりが楽しくなってくる。ダラと呼ばれる古代都市跡とそこに隣接して建設されたネクロポリスは、古代ローマ時代の興亡を如実に物語っている。場所はマルディンとヌサイビンの間、マルディンからは南東へ30キロほどのオグズ村にある。6世紀に栄えた城塞都市で、東ローマ帝国時代の重要な軍事拠点だった。ダラはローマ皇帝アナスタシウスによって505年に… 続きを読む



ハンガリーを知るには、まずハンガリー国立博物館の見学から始めよう

[2017/01/18] Hiromi

かつて1階の特別室にハンガリーの王冠が展示されており、博物館の目玉になっていた。王冠は2000年に国会議事堂のホールに杓や宝珠と共に移されたが、マントだけは破損を避けるため博物館に残っている。美しい大階段を上がって2階へ。左(南)側は古代から始まり1000年の国家建設を経て中世後期のハンガリーまでが、発掘物や聖遺物などを中心に展示されている。右(北)側は近代と現代の歴史展示になっている。近代史はハンガリーがオーストリア支配から逃れるラコーツィ・フェレンツの運動から始まっている。私財を投じて祖国の… 続きを読む



冬のギリシャ、お勧め観光地トップ10!

[2016/12/24] アリサンドラトゥー芳香

6位はアテネのプラカ地区。アテネの中で最もギリシャらしい雰囲気を残すこの地は外すことはできません。7位は世界で一番知られた遺跡の一つ、古代オリンピア遺跡。8位はテッサロニキ。見どころがたくさんあり、美味しいものもあり、人々もオープンで気さくというギリシャ人皆に愛される町です。9位は3位のディミチャーナ村と同じ道路で結ばれていて、標高1033mのVitina(ヴィティナ)村。10位はクレタ島のハニア。ハニアは夏もお勧めの観光地としてトップに入る町です。トップ10から外れていますが、14位に海沿いの… 続きを読む



見るだけでも楽しい家具店で、マヤ文明の神秘を感じてみよう

[2016/12/13] 宮谷千英

今から約4600年ほど前、メキシコ・グアテマラの先住民マヤ族が作り上げたマヤ文明。ピラミッドやマヤ暦で知られるマヤ文明は、数千年に渡って栄えた後忽然と姿を消した古代文明だ。本格的な研究は20世紀後半に入ってかららしいが、この一帯が熱帯性多雨気候ということや内戦が続いていた為、研究が思うように進んでいないらしい。その為考古学者の間では「謎の古代文明」と呼ばれているという。 今回はそんな神秘的なマヤ文明の息吹が感じられる家具があるお店「ファウスト・ポランコ」をご紹介。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 古代」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。