「古代」に関連する現地ガイド記事

「古代」に関連する現地ガイド記事

古代に関する現地ガイド記事を集めました。古代の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

恐竜好きは見逃せない!駅近「国立台湾博物館〜土銀展示館」通称【恐竜博物館】

[2017/10/13] 中園 まりえ

国立台湾博物館の向かいにあるギリシャ神殿風の大きなビルが、現在の【土銀展示館】です。この建物は、日本統治時代に日本勧業銀行の台北支店として建てられました。戦後は台湾土地銀行本店として利用されていましたが、1989年に台湾政府がこの建物を三級古跡に指定。その後、改修工事を経て、2010年1月、国立台湾博物館の別館【土銀展示館】として生まれ変わりました。同館では、台湾金融発展史の中で土地銀行が果たしてきた役割がわかりやすく展示され、銀行時代の金庫室まで拝見できます。また館内には、恐竜や古代生物の化石… 続きを読む



行く前に予習が必要なトロイの古代遺跡

[2017/10/06] オキシマ・ヒロミ

2004年制作のアメリカ映画『トロイ』は古代のトロイ戦争を題材にした戦争映画である。この映画のロケで使われた木馬が、トロイ遺跡の玄関口となるチャナッカレの港近くに置かれている。遺跡にある木馬とはだいぶ雰囲気が異なる。遺跡の方はメルヘンチックな感じも漂うが、映画の木馬はかなりリアルだ。『イリアス』の主人公、アキレス腱で有名なギリシャの英雄アキレスの役をブラッド・ピットが演じており、映画は好評だった。しかし『イリアス』の内容とは異なる部分が多いので、オリジナルの話もきちんと把握しておこう。トロイの遺… 続きを読む



ペルー北海岸部を代表する民芸品の街、カタカオス

[2017/09/22] 原田慶子

多様な気候風土と豊かな郷土色を持つペルーには、民芸品や工芸品で名を馳せる街がいくつもある。ペルー北海岸部のピウラ州にある「CATACAOS(カタカオス)」もその1つ。カタカオスとはムチック語(ペルー北海岸部の古代言語)で、「豊かな穀粒」という意味だ。一年を通して気候温暖なこの街は、その名の通り綿花や米、フルーツ栽培などの農業が盛ん。そんなカタカオスの大地が育んだパナマソウ科の植物トキージャから作る「SOMBRERO DE PAJA TOQUILLA(いわゆる“パナマ帽”)」は国内だけでなく、欧米… 続きを読む


マヤ人が宗教儀式をしていた?怖いほど神秘的なユカタン半島のセノテを訪れる

[2017/09/04] Yu Larraz

こちらのセノテ、洞窟の奥にあるタイプのセノテなので中が薄暗く怖いと感じてしまう人もいるかもしれません。クリスタルクリアな天然の泉と迫力のある鍾乳洞は非常に神秘的です。古代マヤ人は宗教的な儀式をセノテで行っていました。セノテは大事な水の資源であっただけでなく彼らにとってはとても神聖な場所でもありました。儀式の際に人間をいけにえにしていたということを思い出すと、薄暗い洞窟の中で底の見えないセノテの奥深くを見ると、ちょっと怖くなってしまうのは当たり前かもしれません! 続きを読む



大統領官邸の地下は、なんと午前中無料の美術館

[2017/08/17] 鰐部マリエ

この美術館で展示されている巡回展はチリ国内のアーティストから、海外の有名アーティストまで様々なジャンルの作品が展示されています。いままでに古代エジプト展、日本の侍展、中国の紫禁城展、ピカソ展、イスラムアート展など他にも多くの海外作品が展示されてきました。ちょうど最近3ヶ月間に渡ってピカソ展が開催されていたのですが、ピカソ展は大盛況で、大きく二つに分かれた約1200平方メートルのスペースは毎日多くの人でいっぱいでした。特に日曜日は美術館の入場料が無料になるということで長い列を作って多くの人が詰めか… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 古代」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。