「台北、劇」に関連する現地ガイド記事

「台北、劇」に関連する現地ガイド記事

台北、劇に関する現地ガイド記事を集めました。台北、劇の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

台北戯棚(タイペイ・アイ)で伝統舞台芸術を体感しよう!

[2009/06/19] あみんご

昔は日本でも街中で紙芝居屋さんを見かけたように、ここ台湾でも昔は高架下に簡易劇場があって、人々を楽しませてくれていたそうです。今ではそういう風景がなくなってしまいましたが、それを再現し皆に台湾の伝統文化を知ってもらおうと運営されているのがこの「台北戯棚(タイペイ・アイ)」です。京劇や人形劇の布袋戯、中国雑技は言葉がわからなくても文句なく楽しめるし、子供から大人まで、ここに来れば誰でも伝統芸能を体感できるので、ぜひ皆さんにオススメしたいと思います。 続きを読む



テレビの舞台【オンエアー】―台湾「圓山大飯店」、ホテルの中は別世界

[2009/04/02] 大塚ばつ丸

韓国SBSのテレビ・ドラマ「オンエアー」はひとつのテレビ・ドラマをめぐるテレビ局の内幕もので、登場する人物はキャリアは浅いが、番組作りのセンスあふれるディレクターにパク・ヨンハ、芸能界での生活が長く人間的包容力のあるマネージャーはイ・ボムス、“国民の妖精”と呼ばれているが、わがままな人気女優キム・ハヌル、手がけたドラマはみんなヒットする売れっ子女性脚本家ソン・ユナとそれぞれ映画の主演クラスの俳優が4人という豪華な顔ぶれがそろった。では、なぜ韓国ドラマなのに台湾なのか?このドラマで、脚本家の休暇旅… 続きを読む



入場無料の穴場スポット!市の歴史・文化の本格展示スペース「台北探索館」

[2009/03/19] あみんご

観光客の立場からすれば旅先の市役所など無縁の物のようですが、台北市ではこれが意外な観光スポットとなっており、台北市政府ビル内に台北における歴史・文化の発展をわかりやすく見せてくれる「台北探索館」という展示資料館があります。元は市政資料館で、改修した後、政府機関にありがちなお堅い感じはなく最新技術を駆使し、おしゃれでかつ館内の展示物を楽しんで見られるような工夫をこらした内容で、台北の歴史を楽しみながら学習することができるようになりました。特に台北の歴史や文化に興味のある方には穴場スポット です。 続きを読む



衛兵交代や足ツボ歩道が楽しめる、憩いの広場「国父紀念館」

[2007/10/05] 姿ゆうこ

「国父紀念館」は、中華民国と言われる孫文の生誕100年を記念して、1972年に建てられた記念館。中国の宮殿のような黄色い屋根の記念館には、孫文に関する資料館のほか、図書館や画廊、2000人以上も収容可能な劇場なども備えられています。広大な敷地は、いつもきちんと整備されており、季節の花木が茂っています。台北市政府(市役所)から近い便利な立地にあることもあり、市民にとっては憩いの広場として親しまれています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台北、劇」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。