「台北、市場」に関連する現地ガイド記事

「台北、市場」に関連する現地ガイド記事

台北、市場に関する現地ガイド記事を集めました。台北、市場の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

高鐡新竹 竹北へことリップ

[2017/10/11] まさこ

台湾で高鐡ができてから5年あまり。高鐡駅周り都市開発も進みどんどん美しい街が広がっています。高鐡は市街地から離れたところを開発して行ったので、元々は、ほとんどが、畑とかしかない、何もない地区だったため開発速度が恐ろしく早い。特に、台湾きってのサイエンスパークが隣接する新竹エリアは、駅前に広がる高級マンション群を見てもわかる通り、若くて美しい街並みが広がっています。そこは、いわゆる台湾ぽさがなく、ニューヨークのパークアヴェニューのような(ちょっと盛りすぎ?)感じでオシャレなカフェ レストランがそこ… 続きを読む



雑貨・コスメ・屋台・レストラン・スイーツ・プレイグランドが集まった【MAJIMAJI集食行楽】へ行こう♪

[2017/08/10] 中園 まりえ

地下鉄淡水線「圓山駅」前に広がる【MAJIMAJI集食行楽】。花博が行われた跡地に、台湾マルチタレント「ハーレムユー」が友人デザイナー「葉裕清」と共に、「大人の遊園地」をテーマにデザインした施設だそうで、至る所に遊心が感じられます。施設内には、文化・音楽・グルメ・農産品・アートなどあらゆるジャンルのお店が約50店舗立ち並んでいます。具体的には、自然派スーパー「神農市場」、昼~夜まで楽しめる「屋台」、各国「レストラン」、かき氷で有名な「ICE MONSTER」、ベーグル専門店「好,丘」、「LEGO… 続きを読む



東港の【天然黒マグロ祭り】へ行こう!

[2017/06/11] 中園 まりえ

台湾でも天然マグロが多く獲れ、日本へも輸出されています。台湾産マグロのほとんどが、高雄より更に南に位置する屏東県の【東港】で水揚げされてます。黒マグロのシーズンは毎年4〜6月。この時季、【黒マグロ祭り】があり、台湾中から旬の新鮮なマグロを求めてくる人で街中が活気づきます。東港は黒マグロだけでなく、桜エビ、油魚子(バラムツの卵)も有名で、東港の三宝【黒マグロ・桜エビ・油魚子】とも言われています。油魚子とはカラスミに似ていますが、カラスミよりも大きく、非常に稀少価値のある食材です。油魚子は火で炙った… 続きを読む



台北観光で今一番人気といえば 迪化街

[2017/05/15] まさこ

昨今の、めまぐるしい街の開発が続く台北の街は、中山北路から東へと進んで行ったので、元々の繁華街であった西側地区はすっかり取り残された感があったのですが、そこは地価の高騰がまだまだ続いている台北、西側もどんどん変わって来ました。その「迪化街」台湾を代表する乾物街が今や、台北最大の観光スポットになりました。伝統的な漢方薬局や乾物や生地屋が立ち並ぶ中に古い建物をリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨屋などが立ち並び一種独特な雰囲気があります。日本のガイドブックもこぞって特集を組むほどの大人気スポット… 続きを読む



日本人がまだまだ少ない台北から一時間の客家の街新竹縣竹東 北埔へ小トリップへ出かけてみよう

[2016/10/17] まさこ

台北から新幹線で約30分の距離の新竹。台湾最大のサイエンスパークもあるので、朝の新竹駅は、国内外の人でたくさん。その新幹線新竹駅からタクシーで約10分250元。竹東の名物朝市に到着します。ここの朝市は竹東の中心地に約2kmにわたって食べ物、衣類など生活用品がズラリと売られています。採れたての野菜を売る農家のおばさんやおじさんがたくさんいて新鮮な野菜があれこれ並び普段スーパーの元気のない野菜ばかり見ている人にはそれだけでも嬉しくなります。竹東といえば何と言っても客家人が多く暮らす街。そのため客家な… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台北、市場」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。