「台北、迪化街」に関連する現地ガイド記事

「台北、迪化街」に関連する現地ガイド記事

台北、迪化街に関する現地ガイド記事を集めました。台北、迪化街の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

台北観光で今一番人気といえば 迪化街

[2017/05/15] まさこ

昨今の、めまぐるしい街の開発が続く台北の街は、中山北路から東へと進んで行ったので、元々の繁華街であった西側地区はすっかり取り残された感があったのですが、そこは地価の高騰がまだまだ続いている台北、西側もどんどん変わって来ました。その「迪化街」台湾を代表する乾物街が今や、台北最大の観光スポットになりました。伝統的な漢方薬局や乾物や生地屋が立ち並ぶ中に古い建物をリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨屋などが立ち並び一種独特な雰囲気があります。日本のガイドブックもこぞって特集を組むほどの大人気スポット… 続きを読む



迪化街でホッと一息入れるなら、隠れ家的茶藝館【南街得意】がオススメ

[2017/05/03] 中園 まりえ

昔ながらの老街の雰囲気が残る迪化街と言えば、からすみ・ドライフルーツ・漢方・乾物の香りが街じゅう立ちこめ、「ザ・台湾」を五感で楽しめる場所。しかし、ここ数年、若い世代のオーナーたちが、昔からの三進式町屋の良いところを残しつつ、リノベーションし、おしゃれな雑貨屋やカフェが続々とオープンしているホッとなエリアでもあります。その先駆けとも言えるのが、茶藝館【南街得意】が入っている「民藝土呈」です。お店の中に入っていくと、外観からは想像も付かないくらい細長い建物で、奥行きがあり、手前から一進・二進・三進… 続きを読む



一年でとっても熱い時期!旧正月を間近で感じてみませんか?

[2008/12/17] あみんご

台湾は西暦よりも旧暦のお正月に重点を置いており、その時こそが本当のお正月として、とてもにぎやかな雰囲気に包まれます。台湾では、旧正月を過年(グォニエン)と言い、2009年は1月26日が旧暦の1月1日にあたります。毎年、西暦の1月1日は、まるで普段の日曜日のように、何も感じず拍子抜けするほど普通の日曜日のような雰囲気の台北の街も、さすがにこの時期になると、赤色の装飾があふれ、正月を感じさせるものを街中で見かけることができ、普段とはまったく異なる、街全体が興奮しているような雰囲気が立ち込めています。 続きを読む



無ければ作っちゃえ!創作意欲がかきたてられる布問屋へようこそ!

[2008/05/08] あみんご

台湾に来てお店で色々と品物を見ている時に、この柄でこの形が欲しい!とか、サイズがちょっと合わない!とか思ったことはありませんか? もしそう感じた事があるのなら、是非行ってみて欲しい所があります。乾物や漢方の問屋街として有名な迪化街の一角にある「永楽市場」。ここの2階は100軒以上の布地問屋が軒を連ねていて、いかにもチャイナ!といった中華柄の布を買うことができる一大布マーケットなのです。 細かい花模様や、鳳凰、回文字などの柄が色鮮やかな生地の上に広がります。どーんと積まれた布サンプルの束が、ここで… 続きを読む



高級カラスミからドライフルーツまで!台北のお土産さがしは「迪化街」で

[2007/08/14] 姿ゆうこ

「迪化街」は清朝末期に繁栄した街。文化人や芸術家などが集まる台湾随一の繁華街で、日本でいう銀座のような街だったとか。今でも、当時の建物が数多く残っており、のんびりと歩くと、まるで一昔前にタイムスリップしたかのよう。当時の台湾を知らないのに、なんだか懐かしさを感じてしまうから不思議です。そんな「迪化街」、今では乾物や漢方薬などの問屋街としてにぎわっています。旧暦のお正月には、正月料理に使う食材や、子供たちに配るキャンディなどを求めて、台北中から買い物客が集まってきて、歩くのも大変なほどのにぎわいな… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 台北、迪化街」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。